盛明親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

盛明親王(もりあきらしんのう、延長6年(928年) - 寛和2年5月8日986年6月17日))は平安時代中期の皇族醍醐天皇の皇子。一度臣籍降下して源盛明と名乗った。四品上野太守

経歴[編集]

天慶5年(942年元服[1]康保4年(967年)に親王宣下四品上野太守に任ぜられる。寛和2年(986年)4月出家[1]。5月に薨去享年59。『拾遺和歌集』に歌がある。

藤原道長室の源明子を養女にしている。

系譜[編集]

  • 父:醍醐天皇(885-930)
  • 母:源周子(?-935) - 源唱の娘
  • 妻:菅原在躬の娘
    • 男子:源則忠(教忠?)(?-1004)
  • 妻:不詳

脚注[編集]

  1. ^ a b 日本紀略