盛本昌広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

盛本 昌広(もりもと まさひろ、1958年 - )は、日本史学者。

横浜市生まれ。慶應義塾大学文学部卒業、東京都立大学大学院修士課程修了。2000年「日本中世の贈与と負担」で中央大学博士 (史学)。専攻は日本中世・近世史。[1]

著書[編集]

  • 『日本中世の贈与と負担』校倉書房 歴史科学叢書 1997
  • 松平家忠日記』角川選書 1999
  • 『軍需物資から見た戦国合戦』洋泉社 新書y 2008
  • 『贈答と宴会の中世』吉川弘文館 歴史文化ライブラリー 2008
  • 『中近世の山野河海と資源管理』岩田書院 2009
  • 『戦国合戦の舞台裏 兵士たちの出陣から退陣まで』洋泉社 歴史新書y 2010、増補新版 2016
  • 『中世南関東の港湾都市と流通 地域の中世』岩田書院 岩田選書 2010
  • 『草と木が語る日本の中世』岩波書店 2012
  • 『境界争いと戦国諜報戦』洋泉社 歴史新書y 2014
  • 本能寺の変 史実の再検証』東京堂出版、2016

共編[編集]

[編集]

  1. ^ 『境界争いと戦国諜報戦』著者紹介