盧文ショウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「盧文弨」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

盧 文弨(ろ ぶんしょう、1717年 - 1795年)は、考証学者。漢籍の校勘と出版で知られる。

を召弓(または紹弓[1])という。室名抱経堂(ほうけいどう)といい[2]、『抱経堂叢書』が有名である。

なお、よく似た名前の「抱経楼」(ほうけいろう)は盧文弨の親戚にあたる盧址の室名。

生涯[編集]

盧文弨の原籍は浙江余姚であるが、先祖のときに杭州に移住した[1]。1752年に探花の成績で進士に及第した[1]翰林院編集・侍読学士・湖南学政などを歴任したが、1768年に官を辞し、江浙各地の書院で教えた。

盧文弨は同時代の戴震段玉裁と交流を持った。多くの書籍を収集・校勘・出版したために、学者に裨益することが大であった。

日本から輸入された山井鼎『七経孟子考文』を読んで驚嘆し[3]、それに刺激されて『十三経注疏』の校勘を行った。盧文弨の没後、阮元はその志をついで『十三経注疏』を重刻し、校勘記を作成した[4]

著作[編集]

自らが校訂した漢籍を出版した『抱経堂叢書』263巻がよく知られる。『経典釈文』『逸周書』『白虎通』『方言』『荀子』『新書』『春秋繁露』『顔氏家訓』『西京雑記』『独断』などを含む。

以下の書物も『抱経堂叢書』に含まれる。

  • 『群書拾補』初編(39巻)は、諸書に引用されている古書の文章(異文・佚文)を集めたもの。
  • 『抱経堂文集』(34巻)は、盧文弨による序跋・書簡などの文集。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 段玉裁翰林院侍読学士盧公墓誌銘」『経韻楼集』巻8。
  2. ^ 韓愈寄盧仝詩「春秋三伝束高閣、独抱遺経究終始」にもとづく。盧文弨と盧仝の間に関係があるかは不明
  3. ^ 周易注疏輯正題辞」『抱経堂文集』巻7、1781年。「乾隆己亥(=1779年)友人示余日本国人山井鼎所為『七経孟子考文』一書、歎彼海外小邦猶有能読書者」
  4. ^ 高橋 (1996) p.112,120

参考文献[編集]