目黒キネマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
目黒キネマ
Meguro Kinema
種類 事業場
市場情報 消滅
本社所在地 日本の旗 日本
東京府荏原郡大崎町上大崎621番地
(現在の東京都品川区上大崎2丁目)
設立 1923年11月
業種 サービス業
事業内容 映画の興行
代表者 大蔵貢
資本金 1万1,000円 (1931年)
主要株主 松竹キネマ
大蔵貢、樋口大祐
関係する人物 徳川夢声
紙恭輔
特記事項:略歴

1923年11月 開業
1931年10月15日 大蔵貢が買収

1945年 焼失
テンプレートを表示

目黒キネマ(めぐろキネマ)は、かつて存在した日本の映画館、劇場である。

略歴・概要[編集]

1923年(大正12年)11月、東京府荏原郡大崎町上大崎621番地(現在の東京都品川区上大崎2丁目、目黒通り沿い山手線内側)、目黒駅東側駅前に松竹キネマによって[1]、洋画専門館として開業した。開業時の活動弁士は徳川夢声である。翌1924年(大正13年)5月、浅草公園六区千代田館から大辻司郎が移籍した[2]。このころ、同館の楽隊を波多野鑅次郎のハタノ・オーケストラがつとめ、学生だった紙恭輔がいた。

1926年(大正15年)、新宿武蔵野館に代わり、浅草公園六区の帝国館とならび松竹洋画のフラッグシップ館となる。

1931年(昭和6年)10月15日、活動弁士の大蔵貢が同館を買収した[1]。同日、従業員9名を解雇したところ、9名全員が関東合同労働組合映画支部に加入し、争議が起こり、同年12月には解雇者は2名に留まり、600円の解決金と2名の再就職に尽力することを条件に円満解決した[1]

1932年(昭和7年)10月、榎本健一ピエル・ブリヤントを脱退した北村武夫による軽演劇の劇団「フォーリー・ベルジェール」(のちの黒猫座)が同館で旗揚げ公演を行なう[3]。同年の時点では、東京府荏原郡大崎町方面の映画館は当館のほか、大崎館、大崎キネマ、五反田館、龜齢館の計4館が存在していた[4]

1937年(昭和12年)、大蔵による経営は行き詰まり、同じ活動弁士出身で、早稲田全線座を経営する樋口大祐の全線座が同館を買収、再開業する[5]

1945年(昭和20年)4月15日、第二次世界大戦末期の空襲で焼失した。

戦後10年が経過したのち、1955年(昭和30年)に目黒駅の反対側に、目黒金龍座および目黒オリオン座として開業した映画館が、1976年(昭和51年)以来、「目黒シネマ」と名乗っているが、これは「目黒キネマ」ではない。

目黒キネマと文学[編集]

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b c 大原デジタルアーカイブス」内の当時の警視総監高橋守雄筆による「目黒キネマ争議資料」を参照。
  2. ^ 無声映画鑑賞会『カツキチ』(無声映画鑑賞会、1975年)の記述を参照。
  3. ^ 帝京平成大学公式サイト内の記事、笑い学講座「第39回 軽演劇々団1」の記述を参照。
  4. ^ 昭和7年の東京府下の映画館”. 中原行夫の部屋(原資料「キネマ旬報」). 2013年8月9日閲覧。
  5. ^ 全線座株式会社公式サイト内の「沿革」の項の記述を参照。