直井由文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
直井由文
生誕 (1979-10-09) 1979年10月9日(40歳)
出身地 日本の旗 日本千葉県佐倉市
ジャンル ロック
オルタナティヴ・ロック
ポップ・ロック
インディー・ロック
エレクトロニカ
職業 ベーシスト
担当楽器 エレキベース
コントラバス
活動期間 1996年 - 2020年
レーベル TOY'S FACTORY
事務所 LONGFELLOW
共同作業者 BUMP OF CHICKEN

直井 由文(なおい よしふみ、1979年10月9日 - )は、日本ロックバンドBUMP OF CHICKENベーシスト(活動休止中)。千葉県佐倉市出身。既婚。愛称はチャマ。未年・天秤座[1]

来歴[編集]

1979年千葉県に直井家の長男として生まれる。臼井幼稚園ではのちのBUMP OF CHICKENのメンバー全員と出会った。升秀夫増川弘明とともに佐倉市立臼井小学校を卒業すると、別の小学校に通っていた藤原基央佐倉市立臼井西中学校で再会し、中学時代にはBUMP OF CHICKENの前身となる「ハゲバンド」を結成(後述[2]。その後バンドは現メンバーとなり、1996年2月11日にはBUMP OF CHICKENとしては初めてのステージに立った(「ティーンズ・ミュージック・フェスティバル'96」)。BUMP OF CHICKENはインディーズの時点で人気を博し、直井はプロ入りを決意。その旨を居酒屋を経営する父に相談したところ「18歳までに大検調理師免許を取ったら好きにしていい」と言われ、高校へは進学せずに調理専門学校へ通い、調理師免許を取得した。

人物[編集]

音楽を始めたきっかけは中学時代の友人で、のちにドラム担当となる升秀夫。升に借りたXのアルバム「Vanishing Vision」に衝撃を受け、音楽に目覚めたという。中学2年生の誕生日に父親にフェルナンデス社製のベースを買ってもらい、翌年に升がドラムを手に入れたことから、幼少時からの知り合いでギターを弾いていた同級生の藤原基央ともう一人の友人(通称は「あいつ」。増川弘明ではない[3])を加えた4人で「ハゲバンド」を結成し、活動をスタートさせる[2]。その後「あいつ」がバンド活動に対しての意欲をなくしたため、スタッフ的な立場だった増川がギター担当となった。

血液型はA型。愛称は「チャマ」で、自身のSNSのユーザー名も「CHAMA」としている。愛称の由来は、小学生の時に友人に100円のジュースをおごったことで、おぼっちゃまの略である「チャマ」と呼ばれるようになった。趣味はカメラとバイクで、シングル『ロストマン/sailing day』のジャケットをはじめ、『オンリー ロンリー グローリー』のジャケットを撮影(撮影時には単身グアムへと飛んだ)。アルバム『ユグドラシル』の歌詞カードは、直井の撮った写真に藤原が絵を描いた。バイクに乗りはしないが見ることが好きである。

バンドのムードメーカーであり、ライブやラジオ、インタビューでは積極的に進行役を務める。実家は佐倉市臼井台にある飲食店(店名は「おおいわ」)で、「グロリアスレボリューション」のPVにも登場しており、BUMP OF CHICKEN所縁のものを展示しているガレージも隣接している(店主は直井の父の直井守)。バンド活動初期の頃は直井宅にメンバーが集まって練習をしていた。また、バンドのグッズのデザインなどを手がけることが多い。

漫画弐瓶勉も読むとのこと)やアニメゲームを好み、漫画『ONE PIECE』のファンだと公言するほか、『攻殻機動隊』のムック本に寄稿したこともある。トランスフォーマーの熱烈なファンで、100体以上を保有する上に、世界で5体しか存在しないレアモデルをeBayにて1体20万円で購入したこともある[4]。他に『PONTSUKA!!』の企画ではタカラトミーの開発者にメッセージを寄せてもらったこともあるほか、2019年にはタカラトミーの協力を受け、トランスフォーマーとBUMP OF CHICKENのコラボレーショングッズを製作した[5]。メンバーでは唯一の著書である『COMIC WORLD FUN』を執筆しており、同作には雑誌『H』での連載「COMIC WORLD」を基に、自身による写真やイラスト、料理、コミックが収められている[6]。唯一の愛読書は、雑誌『ファミ通』。

BUMP OF CHICKENのメンバーでは唯一SNSアカウントを所持している。2014年ZIP-FMのラジオ番組内の企画でツイートを行ったことがきっかけでTwitterのアカウントを作成し、さらに39歳の誕生日である2018年10月9日にはInstagramのアカウントを作成した。

2020年9月18日、『文春オンライン』が直井の過去の不倫関係について報じた[7]。直井はSNSを通じ、事実を概ね認めた上で謝罪した[8][9]。25日、直井は当面の間音楽活動を休止し、バンドは残るメンバー3人で活動することとなった旨発表した[10][11]

音楽家として[編集]

特徴[編集]

自身は「楽譜(五線譜)が読めない」と公言している。

ベースのプレイとしては、インディーズ時代やメジャーデビューして間もない頃はよく動く目立つベースラインが特徴的だった(本人は当時の自分を「俺様」と、藤原は「ギターよりもギターみたいな音だった」と評している)。『orbital period』あたりからは落ち着いたベースラインの楽曲が多くなったが、『COSMONAUT』からは以前のようなよく動くベースラインの楽曲も増えてきており、近年の楽曲でも比較的激しいベースラインを聞くことができる。

初期はミュージックマン・スティングレイを、現在はSonic SRB(スティングレイタイプ)を使用している。

楽曲「車輪の唄」・「Merry Christmas」のミュージックビデオや愛知万博内のプラネタリウムにて開催されたアコースティックライブ(2005年)、さらには2012年2014年のツアーなどではウッドベースを弾いている[12]

初期の楽曲である「ベストピクチャー」「彼女と星の椅子」の作曲を手掛けており、特に「彼女と星の椅子」は、直井の38歳の誕生日にあたる2017年10月9日に開催されたライブ(エコパアリーナ)で、直井自らの弾き語りにより披露したこともある。

作品[編集]

参加楽曲[編集]

  • CHARA「ラブラドール」(『honey』) - ベース

使用機材[編集]

参考文献[編集]

バンプ・オブ・チキン/コスモノート(バンドスコア)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ PROFILE”. 2017年2月17日閲覧。
  2. ^ a b 『BUMP OF CHICKEN HISTORY BOOK』トイズファクトリー、2004年。
  3. ^ 増川は当時スタッフのような役割でいわゆる裏方だった。
  4. ^ (やまだひさしのラジアンリミテッドF 2010年4月17日放送回)
  5. ^ BUMP OF CHICKENと『トランスフォーマー』のコラボが決定!タカラトミーからTシャツ&フィギュアが登場”. Qetic (2019年11月1日). 2019年11月8日閲覧。
  6. ^ COMIC WORLD FUN”. rockin'on group. 2019年11月8日閲覧。
  7. ^ “「彼女はいないと言ってたけど…」BUMP OF CHICKENベーシストが結婚隠してコスプレ三昧不倫”. 文春オンライン (文藝春秋). (2020年9月18日). https://bunshun.jp/articles/-/40286 2020年9月19日閲覧。 
  8. ^ “バンプのベース直井由文 不倫報道で謝罪 女性に不誠実、ファンに嫌な思い 事務所「本人も心から反省」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2020年9月19日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/09/18/kiji/20200918s00041000348000c.html 2020年9月19日閲覧。 
  9. ^ CHAMA [@boc_chama] (18 September 2020). "この度報道されました私の記事に関しまして、皆様にご心配、ご迷惑をお掛けしてしまい、誠に申し訳ございませんでした。" (ツイート). Twitterより2020年9月19日閲覧
  10. ^ “バンプ直井由文、不倫報道を受け活動休止を発表 当面はメンバー3人で活動”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2020年9月25日). https://www.sanspo.com/geino/news/20200925/geo20092519500027-n1.html 2020年9月25日閲覧。 
  11. ^ Vo./Gt. 藤原基央、Gt. 増川弘明、Dr. 升秀夫より皆様へ”. BUMP OF CHICKEN official website (2020年9月25日). 2020年9月25日閲覧。
  12. ^ バンプ、愛知万博でのライヴ音源を聴いて!”. BARKS (2005年9月1日). 2019年10月9日閲覧。

関連項目[編集]