直別信号場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
直別信号場
旅客営業末期の駅舎(2018年9月)
旅客営業末期の駅舎(2018年9月)
ちょくべつ
Chokubetsu
K42 厚内 (7.2km)
(4.0km) 尺別(信) K44
所在地 北海道釧路市音別町直別
駅番号K43)※旅客扱い廃止時点
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 根室本線
キロ程 257.3km(滝川起点)
電報略号 チク
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1907年明治40年)10月25日
備考 2019年平成31年)3月16日に旅客扱いを廃止し信号場化
テンプレートを表示

直別信号場(ちょくべつしんごうじょう)は、北海道釧路市音別町直別にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線信号場電報略号チク。当初は駅として開設されたが、利用者減少により2019年(平成31年)3月16日に旅客取り扱いを廃止し[1]、信号場となった[2]。旅客営業末期の駅番号K43

歴史[編集]

1977年昭和52年)の直別駅と周囲約500mの範囲。右上が根室方面。かつては駅裏側に主に留置用の副本線が敷かれて島式ホームとなっていて、複合ホーム2面3線を有していた[注釈 1]。この写真の時点では貨物取扱廃止に伴い副本線は尺別側が切られて引込線化され[3]、さらに後に撤去されて相対式ホームとなった。また駅表の尺別側も貨物ホームと上屋と引込線が認められるが、引込線の方は現在も保線用として残されている。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

信号場名の由来[編集]

所在する現在の釧路市音別町直別から隣接する浦幌町直別にかけての地名より。現在の直別川を指すアイヌ語の「チュㇰペッ(cuk-pet)」(秋・川)に由来する[4][7]。由来について江戸時代後期のアイヌ語通詞である上原熊次郎は秋に現在の川辺で小魚を捕り、食糧としたためとしているほか、明治時代のアイヌ語研究者である永田方正は、夏に水が涸れ、秋には増水したためと解釈している[7]

このほか、「チュㇷ゚ペッ(cup-pet)」(月・川)に由来するとしている説もあるが、上原による説・解釈が自然とされる[7]

構造[編集]

2線を有する列車交換型の信号場。

旅客駅時代は相対式2面2線のホームを有する地上駅(駅舎側1番線が下り、2番線が上り)で、音別駅管理の無人駅であった。駅舎は無人化後も有人駅時代のものが減築の上使用されていたが、2003年(平成15年)の十勝沖地震時に倒壊し、ログハウス調の建物となっていた[2]

利用状況[編集]

1960年代は開拓農家のほか国鉄職員、北海道電力直別変電所職員の利用があった[2]。また、1961年(昭和36年)に中学校が閉校となったことで、通学利用もあった[2]。 駅として廃止される直前の2016年(平成28年)にJR北海道から発表された2011 - 2015年(平成23 - 27年)の乗降人員調査(11月の調査日)平均は「10名以下」[8]であった。

なお貨物については、1926年(大正15年)の主要発送貨物として、木材・ダイコンテンサイが挙げられている[2]

駅周辺[編集]

駅付近に住宅が数軒ある。駅のすぐ西に十勝郡浦幌町との市町境界がある。

  • 国道38号
  • 浦幌町コミュニティバス「旧ドライブイン旭前」[9]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
根室本線
厚内駅 (K42) - (直別信号場 (K43)) - (尺別信号場 (K44)) - 音別駅 (K45)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービス 1968年撮影航空写真。
  2. ^ 当時、尺別駅(→尺別信号場)は未開設。

出典[編集]

  1. ^ “2019年3月ダイヤ改正について” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道株式会社, (2018年12月14日), p. 4, オリジナルの2018年12月14日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20181214051017/https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20181214_KO_H31Kaisei.pdf 2018年12月14日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h i j 石川孝織 (2019-06). “2019年3月改正で廃止された根室本線尺別駅と直別駅”. 鉄道ピクトリアル (株式会社電気車研究会(鉄道図書刊行会)) 69 (6(通巻960)): pp.122-124. ISSN 0040-4047. 
  3. ^ 国鉄全線各駅停車 北海道690駅 1983年 小学館発行。
  4. ^ a b 『北海道 駅名の起源』日本国有鉄道北海道総局、札幌市、1973年3月25日、第1版、127頁。
  5. ^ “釧路市内の直別駅と尺別駅 JRが廃止検討”. 北海道新聞. (2018年6月20日). https://www.hokkaido-np.co.jp/article/200972 2018年6月20日閲覧。 
  6. ^ “2019年3月ダイヤ改正について” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道株式会社, (2018年12月14日), p. 4, オリジナルの2018年12月14日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20181214051017/https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20181214_KO_H31Kaisei.pdf 2018年12月14日閲覧。 
  7. ^ a b c アイヌ語地名リスト セッツキガ P71”. アイヌ語地名リスト. 北海道 環境生活部 アイヌ政策推進室 (2007年). 2018年6月10日閲覧。
  8. ^ 極端にご利用の少ない駅(3月26日現在) (PDF)”. 平成28年度事業運営の最重点事項. 北海道旅客鉄道. p. 6 (2016年3月28日). 2017年9月25日閲覧。
  9. ^ 浦幌町コミュニティバス 郊外路線図 (PDF)”. 浦幌町. 2018年5月27日閲覧。

関連項目[編集]