直江大輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
直江 大輔
読売ジャイアンツ #54
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長野県長野市
生年月日 (2000-06-20) 2000年6月20日(20歳)
身長
体重
184 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2018年 ドラフト3位
初出場 2020年8月23日
年俸 570万円(2020年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

直江 大輔(なおえ だいすけ、2000年6月20日 - )は、長野県長野市出身のプロ野球選手投手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。

経歴[編集]

父は松商学園高等学校のエースとして甲子園に春夏計3回出場し、明治神宮大会にも優勝している直江晃[2]

小学3年から野球を始め、長野市立柳町中学校時代は中野シニアでプレー。松商学園高等学校では1年秋からベンチ入りし、2年時に第99回全国高等学校野球選手権大会に出場。

2018年度新人選手選択会議読売ジャイアンツから3位指名を受けて入団。

2020年8月23日、対広島東洋カープ12回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)で初登板・初先発し、4回1失点だった[3]。9月28日、腰椎間板ヘルニアの手術を受けることが発表された[4][5]

選手としての特徴[編集]

細身の身体から投げ込まれるMAX145km/hのストレートと、スライダー、チェンジアップ、カーブなど多彩な変化球とのコンビネーションが特徴。

詳細情報[編集]

記録[編集]

投手記録
打撃記録
  • 初打席:2020年8月23日、対広島東洋カープ12回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、3回表に遠藤淳志から空振り三振

背番号[編集]

  • 54(2019年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 巨人 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2020年9月1日閲覧。
  2. ^ 巨人D3位・直江、甲子園2勝の父は決してスパルタではなかった”. サンスポ.com (2018年11月16日). 2019年5月28日閲覧。
  3. ^ "【巨人】今季初同一カード3連敗 9回2死満塁一打逆転のチャンスも…写真で振り返る広島戦". スポーツ報知. 報知新聞社. 23 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  4. ^ "【巨人】直江大輔、今季中に手術 来季フル回転へ「ヘルニア」持ちの腰治療に専念". スポーツ報知. 報知新聞社. 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  5. ^ "【巨人】若手のホープ・直江大輔がヘルニア手術「2か月で投球可能」…馬見塚・整形外科専門医の見解". スポーツ報知. 報知新聞社. 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧

関連項目[編集]