相互銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

相互銀行そうごぎんこうとは相互銀行法(昭和26年法律第199号。金融制度及び証券取引制度の改革のための関係法律の整備等に関する法律(平成4年法律第87号)の施行により廃止。)に基づく金融機関である。

概要[編集]

相互銀行は主に中小企業などを顧客対象として業務を行い、また無尽から発展した相互掛金を主な商品として取り扱っていた。営業範囲は、ほぼ本店所在地である一都道府県内に限定されていた。金融機関の合併及び転換に関する法律(昭和43年法律第86号、通称;合転法)に基づく認可によりほとんど全てが普通銀行第二地方銀行)に転換し、(一部の相互銀行は既存普通銀行へ吸収合併)、最後の1行であった東邦相互銀行1992年4月1日伊予銀行へと吸収合併されたことで消滅した。その直後に相互銀行法も廃止され、法的にも消滅した企業形態となった。

相互銀行の成り立ち[編集]

相互銀行は成り立ちから下記の3つに分類する事が出来る。

  • 相互銀行法の規定により免許を受け相互銀行となった無尽会社 - 株式会社中央相互銀行(中央無尽株式会社が免許を受け商号変更。現在の株式会社愛知銀行)ほか多数存在する。なお、無尽会社もまた戦前より営業していた「無尽会社」と、戦後勃興した看做無尽を営む「殖産会社」に分類される。
  • 相互銀行として設立された株式会社 - 株式会社神奈川相互銀行(現在の株式会社神奈川銀行)、株式会社三栄相互銀行(後の株式会社奈良銀行→現在の株式会社りそな銀行)など
  • 金融機関の合併及び転換に関する法律に基づく認可により相互銀行に転換した他の金融機関 - 株式会社長野相互銀行(長野県商工信用組合より転換。現在の株式会社長野銀行)など

かつて存在した全国の相互銀行一覧[編集]

無尽会社から転換[編集]

北海道・東北地区[編集]

関東地区[編集]

中部・北陸地区[編集]

近畿地区[編集]

中国地区[編集]

四国地区[編集]

九州地区[編集]

新規設立・その他[編集]

米国統治下の沖縄において、現在の沖縄銀行及び沖縄海邦銀行の前身にあたる以下の相互銀行が存在した。本土と同名の銀行もあるが無関係である。

  • 三和相互銀行(三和無尽、1955年相互銀行に転換。1963年沖縄銀行が買収)
  • 東洋相互銀行(1960年、みやこ無尽の営業を引き継ぎ設立。1964年沖縄銀行に合併)
  • 南陽相互銀行(南陽無尽、1954年相互銀行に転換。1964年、共栄・八重山両相銀を合併。1971年沖縄銀行に合併)
  • 共栄相互銀行(宮古共栄無尽、1954年相互銀行に転換。1964年南陽相互銀行に合併)
  • 八重山相互銀行(八重山無尽、1957年相互銀行に転換。1964年南陽相互銀行に合併)
  • (旧)沖縄相互銀行(沖縄無尽、1953年相互銀行に転換。1964年第一相互銀行と合併し中央相互銀行を設立)
  • 第一相互銀行(那覇無尽、1953年相互銀行に転換。1964年沖縄相互銀行と合併し中央相互銀行を設立)
  • 中央相互銀行(1964年、沖縄相互銀行・第一相互銀行が合併して設立。1972年沖縄相互銀行に商号変更)

関連項目[編集]