相合橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
相合橋
相合橋
基本情報
日本
所在地 大阪市中央区
交差物件 道頓堀川
建設 1962年昭和37年)
構造諸元
形式 3径間合成桁橋
全長 42m
15m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

相合橋(あいあうばし)は、大阪府大阪市中央区にある、道頓堀川に架かる玉屋町筋の。「あいよいばし」「あいおうばし」「あいおいばし」「あいあいばし」などとも呼ばれる。土木学会関西支部による「浪速の名橋50選」に選定されている。

歴史・概要[編集]

この橋が最初に架けられたのは1680年代で、当初は中橋あるいは新中橋と呼ばれ、近松門左衛門の浄瑠璃『心中重井筒』の一節にも中橋として登場している。相合橋と名が改められた時期は不明。なお、当橋は島之内の北を流れていた長堀川の中橋と玉屋町筋で結ばれており、中橋と相い合う橋であることから相合橋になったともいわれている。

江戸時代から明治にかけて、北に宗右衛門町、南に道頓堀の芝居町を挟んで坂町(元伏見坂町)といった花街が広がっていた。明治になると、男女の仲が切れる「縁切り橋」との風評がたち、遊女などは相合橋を渡ることを避けていたといわれ、婚礼の行列も相合橋を渡らなかったと伝わる。

現在の橋が架橋されたのは1962年(昭和37年)で、1983年(昭和58年)に幅を両側へ大きく拡げて、橋上に憩いの広場が設けられた。2004年平成16年)に、相合橋付近にとんぼりリバーウォークが整備された際に、遊歩道へのアプローチ階段が設置された。

相合橋の南詰の先から南北に千日前通まで延びるアーケード商店街・相合橋筋商店街がある。

隣の橋[編集]

(下流) 太左衛門橋 - 日本橋 (上流)

座標: 北緯34度40分09秒 東経135度30分15秒 / 北緯34.66906度 東経135.50428度 / 34.66906; 135.50428 (相合橋)