相変化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

相変化(そうへんか)とは、

  • 相転移 - 物質の三態(三相)間の変化のこと。例えば、液体から気体への変化。
  • 相変化記録技術 - 情報記録技術において、記録媒体が熱の印加によって結晶相とアモルファス相の間を変化することを利用した記録技術。