相川亮一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

相川 亮一(あいかわ りょういち 1946年 - 2011年 )は、神奈川県出身のサッカー指導者。私立栄光学園卒業、早稲田大学第一政治経済学部政治学科卒業。

人物[編集]

受験進学校出身の変り種。独自のサッカー感を持ち、独学でサッカー理論を学ぶ。1971年に日本サッカー協会主催第2回公認サッカー・コーチング・スクールを受講し、平木隆三(日本サッカー協会主任コーチ)に師事。1973年にテヘランで開催された国際サッカー連盟(FIFA)主催公認アジアコーチング・スクールを受講。デットマール・クラマー(西ドイツ)主任コーチに師事。翌1974年から当時は珍しい存在だったクラブチーム、読売サッカークラブとコーチ契約。以後、ユースコーチおよびトップチームのアシスタントコーチ、ヘッドコーチを経て監督に就任。当時の日本リーグ1部に昇格、JSLカップ優勝、天皇杯出場などを経験する。

読売サッカークラブの時代にジョージ与那城ラモス瑠偉らを率いて読売旋風を巻き起こしたが、1982年に監督を辞任後は、主に高校生の指導者として活躍。全国高校サッカー選手権を目指し、桐蔭学園國學院久我山日本学園駿台学園などのサッカー部強化に貢献。 また就任わずか2年で駿台学園高校史上初の関東大会東京予選優勝に導く。 晩年は、フットサル場開設支援およびサッカー指導者を派遣するスポーツ業務営業会社(株式会社アシスト)の経営にも参加していた。

2011年2月24日、読売サッカークラブを母体とした東京ヴェルディ公式サイトにて、心不全により死去したことが発表された。

指導歴[編集]

  • 1974-1982年 読売サッカークラブ ※現在の東京ヴェルディ
    • 1974年 ユースコーチ
    • 1975年- トップチームコーチ
      • (1977年 日本サッカーリーグ1部昇格)
    • 1978年- トップチーム監督
  • 1986年-1996年7月 桐蔭学園高校サッカー部
    • 1988年 (関東大会優勝)
      1989年 (全国高校選手権出場)
      1992年 (全国高校選手権出場)
      1992年6月 (関東大会優勝)
  • 1997年8月-1999年7月 國學院久我山高校強化コーチ
  • 2000年1月 Fisco株式会社創設
  • 2000年3月 杉並FC強化コーチ
  • 2000年6月 日本学園高校サッカー部強化コーチ
  • 2003年5月 LJフットサル・プラッア(厚木)建設
  • 2007年 駿台学園サッカー部総監督
    • 2008年 (関東大会東京予選優勝、インターハイ予選ベスト4)