相川春喜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

相川 春喜(あいかわ はるき、1909年8月15日1953年4月29日)は、科学史家、社会運動家。本名は矢浪久雄。第二次世界大戦前の時期に唯物論研究会に参加し、技術史、科学哲学を中心にした理論学習運動の中核を担い、戦後は、シベリア抑留を経て、アジア地域における抑留者引揚運動に尽力した。

略歴[編集]

新潟県高田市(上越市)南土橋出身。新潟師範附属小学校、佐渡河原田小学校、佐渡中学校、富山中学校を経て、第四高等学校文科乙類に首席で入学後、社会研究会、全国学聯支部に加盟。1928年6月の学生ストライキの責任者となる。1929年、卒業試験後、雑誌「広場」の編集責任者であることを理由として卒業を取り消され、退学を命ぜられる。同年3月上京してプロレタリア文化運動に参加。同年、早稲田第一高等学院を除名される。 1930年、第一ラミー紡績争議に参加。その後、産業労働調査所に就職。1932年プロレタリア科学研究所に転職。同年、唯物論研究会に参加し、研究組織部副部長に就任。1933年、『日本資本主義発達史講座』に「農村経済と農業恐慌」を発表。同年、大宅壮一の媒酌でさだ夫人と結婚。 1935年、『歴史科学の方法論』、『技術論』を発表。1936年、コム・アカデミー事件で起訴される。1940年、『現代技術論』を発表。1941年、 『技術論入門』を発表。1942年、『産業技術』、『技術の理論と政策』を発表。1943年、 同盟通信社嘱託、明治大学講師に就任する。1944年、日本技術文化研究所を設立。同年、召集後、関東軍のソ連国境東寧独立兵団に配属され満州へ赴く。1945年、終戦時には炊事兵を務めていた。その後、戦線逃亡し、老骨山でソ連軍に投降する。4年半シベリアに抑留される。1946年、ハバロフスクの日本新聞社の日本人側編集責任者となり、ハバロフスク地方捕虜民主運動に参加する[1]1949年、帰国する。1950年、日本共産党宣伝教育部に所属し、党本部引揚対策に参加、また、「帰還者同盟」及び「帰還者の友」に参加。1952年、『発明発見図説』を共著として刊行。また、雑誌「ソヴェト同盟」の仕事を手伝う。1953年、在華同胞帰国協力会の総務となる。日本共産党本部で選挙活動中に倒れ、死去。

著書[編集]

  • 農村経済と農業恐慌 岩波書店 1933年
  • 歴史科学の方法論 白揚社 1935年
  • 技術論 三笠書房 1935年
  • 現代技術論 三笠書房 1940年
  • 技術論入門 三笠書房 1941年
  • 技術の理論と政策 紀文社 1942年
  • 産業技術 白揚社 1942年
  • 東南亜の資源と技術 三笠書房 1943年
  • 技術及び技能管理 東洋書房 1944年
  • 文化映画論 霞ケ關書房 1944年

共著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 相川は「在ソ民主運動」と自称した。

参考[編集]

  • 相川春喜小傳刊行会編『相川春喜小傳』1955年