相星孝一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

相星 孝一(あいぼし こういち、1959年昭和34年)2月4日 - )は、日本外交官地球規模課題審議官外務省領事局長を経て、駐イスラエル特命全権大使[1]

経歴・人物[編集]

鹿児島県出身。1982年昭和57年)10月東京大学教養学部在学中に外務公務員採用上級試験に合格する。1983年(昭和58年)東大を卒業して、外務省に入省した。フランス語研修。

同期[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b イスラエル大使に相星氏ら  :日本経済新聞
  2. ^ (日本語) ASEAN日本政府代表部 - Mission of Japan to ASEAN プロフィール”. ASEAN日本政府代表部. 2014年4月19日閲覧。
  3. ^ (日本語) 外務省領事局長に三好氏起用 相星 孝一氏(あいぼし・こういち=ASEAN代表部大使)”. 日本経済新聞 NIKKEI.NET (2014年1月17日). 2014年4月15日閲覧。
  4. ^ 外務省人事(2日付)
  5. ^ 経済担当外審に山崎氏=総政局長は鈴木氏-外務省時事ドットコムニュース