相模原市民の歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
相模原市民の歌

市歌の対象
Flag of Sagamihara, Kanagawa.svg 相模原市

作詞 植村栄輔
勝承夫(補作)
作曲 平井康三郎
採用時期 1958年1月15日
言語 日本語
テンプレートを表示

相模原市民の歌」(さがみはらしみんのうた)は、日本政令指定都市の1市である神奈川県相模原市市歌。作詞・植村栄輔、補作・勝承夫、作曲および編曲・平井康三郎

解説[編集]

1959年昭和34年)の市制5周年記念事業の一環として制定が企画され、歌詞の一般公募を実施した。制定の趣旨は「市民が普段の生活や集団活動の中で、明るく楽しくうたえる『市民の歌』をつくり、これをとおして愛市の精神をもりたてる」こととされている[1]

発表は1958年(昭和33年)1月15日成人式で行われ、現在は市が設置している防災無線「ひばり放送」などで使用されている[2]。作詞者の植村栄輔は後に市立大島小学校[3]、湘南小学校[4]、二本松小学校の校歌および南区麻溝地区の名産であるゴボウのPRを目的に作成された「麻溝ごぼう音頭」の作詞を行った[5]

相模原市に関連する他の楽曲としては、市民音頭「相模原音頭」と2004年平成16年)に市制50周年を記念して作成された市民愛唱歌「伝えよう 輝く未来へ」がある[6]。これらの楽曲は市制50周年記念事業で製造されたCD『相模原市の歌集』に収録され希望者に販売を行っていたが、現在は在庫切れとなっている[7]。なお「相模原」を冠する音頭にはいずれも2006年(平成18年)に発表された「新相模原音頭 〜夢のふるさと〜」および「相模原にっこり音頭」があるが、この2曲は「相模原音頭」と異なり市が制定に関与したものではない[8][9]

備考[編集]

市内の行政区では、中央区2014年(平成26年)に「中央区の歌(イメージソング)」を作成した[10]

2006年(平成18年)から2007年(平成19年)にかけて相模原市へ編入された旧津久井郡の4町では城山町のみ1981年(昭和56年)制定の町歌「城山わがまち」(作詞・長谷川徳子、補作:森菊蔵、作曲・押尾司)を有していたが、編入に伴い廃止されている[11]

出典[編集]

関連項目[編集]