相模台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 神奈川県 > 相模原市 > 南区 > 相模台
相模台
相模台の位置(神奈川県内)
相模台
相模台
相模台の位置
北緯35度31分19.78秒 東経139度24分16.65秒 / 北緯35.5221611度 東経139.4046250度 / 35.5221611; 139.4046250
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Sagamihara, Kanagawa.svg 相模原市
南区
地域 相模台地区
人口
2018年(平成30年)1月1日現在)[1]
 • 合計 16,563人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
252-0321[2]
市外局番 042 (相模原MA)[3]
ナンバープレート 相模

相模台(さがみだい)は、神奈川県相模原市南区の町名および同市の地区名。また、かつての座間市大字名でもある。現行行政地名は相模台一丁目から相模台七丁目。郵便番号は252-0321[2]

概要[編集]

相模原市の町名、座間市の旧大字名ともに小田急小田原線小田急相模原駅の近隣を範囲とする地名である。相模原市の地区名としてはさらに広く、南区の中央部を占める。

行政による公的な地名として用いられたのは、1959年昭和34年)4月20日高座郡座間町(現座間市)が小田急相模原駅に近い同市北部に大字相模台を起立したのが最初である。次いで同年5月1日に相模原市が「国立病院前分室」(出張所に相当する)を相模台分室と改称し、また同日に相模原市立相模台小学校を開校した。1969年(昭和44年)7月1日、相模原市は小田急相模原駅に近い区域で住居表示を実施し、大字新磯野および大字磯部の一部で相模台一丁目相模台四丁目を編成した。このため、市町界をはさんで相模原市相模台座間町相模台とが隣接して併存することとなった[4]。これに対して座間市(1971年に市制)は1981年(昭和56年)6月1日、大字相模台を対象に住居表示を実施するに当たって新町名を相模が丘とした。

歴史[編集]

当区域は元々「相模野」と呼ばれる原野の一部であり、周辺農村の入会地とされていた。江戸時代後期にこの入会地が分割されて周辺各村の領域に組み込まれ、現在の小田急相模原駅付近は高座郡上鶴間村、磯部村、新戸村、座間村、新田宿村の各村が境界を接する区域となった。それらの村は1889年明治22年)の明治の大合併により同郡大野村(上鶴間)、新磯村(磯部、新戸)、座間村(座間、新田宿)となったが、やはり各村の境界域であり原野の開墾が進められたが市街地の形成は見られなかった。

大きな転換点となったのは、1938年(昭和13年)の臨時東京第三陸軍病院の進出である。新磯村大字磯部(飛地)に同病院が開設されるのに合わせて、小田原急行鉄道(現小田急電鉄)が同年3月1日に付近を通過していた小田原線上の大野村と座間町(1937年に町制)の境界付近に「相模原駅」(1941年に「小田急相模原駅」と改称)を開業し、後に同駅と同病院を結ぶ街路(大野村と新磯村の境界となっている)周辺が市街化する契機となった。

1941年4月29日、大野村、新磯村、座間町は麻溝村ほか4町村と合併して高座郡相模原町となったが、戦後の1948年(昭和23年)に旧座間町が分離し、残りの区域で1954年(昭和29年)11月20日に市制施行して相模原市が発足した。

戦後、臨時東京第三陸軍病院は国立相模原病院(現・国立病院機構相模原病院)となり、旧新磯村と旧麻溝村にまたがって広がっていた陸軍士官学校の演習場が開放されて引揚者の入植による開墾が行われた。1951年(昭和26年)、相模原町はこの区域に新磯野、麻溝台の2大字を起立している。1950年代に入り、小田急相模原駅周辺および同駅と国立相模原病院間の街路を中心とした区域で市街化が始まり、それは1960年代以降も急速に進行した。その流れの中で座間町は1959年4月20日に小田急相模原駅に近い同町北部の区域を占める座間、新田宿の2大字の各一部から大字相模台を新たに起立した。

一方、相模原市では当該区域が合併以前の旧村の境界域に当たり、それを引き継いだ各分室(大野南、新磯、麻溝)の管轄区域に分属していた。この区域の市街化の進行に合わせて、相模原市は1957年(昭和32年)8月1日国立病院前分室(「国病前分室」と略する)を新設して小田急相模原駅付近から新磯野、麻溝台の各東半部を管轄区域とし、これが1959年に相模台分室と改称した(1970年に相模台出張所と改称)。以後、相模原市は行政上、同分室(出張所)管内を「相模台地区」等と呼んでいる。

1963年(昭和38年)、神奈川県立相模台工業高等学校(現・神奈川県立神奈川総合産業高等学校)が開校し、1966年(昭和41年)には国立相模原病院の南に隣接して日本住宅公団相模台団地が建設され入居が開始されるなど、相模原市側で「相模台」の地名が多く用いられるようになった[5]。前述のとおり、相模原市は1969年(昭和44年)7月1日に小田急相模原駅周辺で住居表示を実施した際に大字新磯野および大字磯部の各一部から相模台一丁目相模台四丁目を編成し、翌1970年(昭和45年)7月1日には相模台五丁目相模台七丁目および相模台団地の各町が編成された。

本来、大字名または町名として「相模台」を先に称していたのは座間市(旧座間町)であったが、相模原市に遅れて1981年(昭和56年)6月1日に大字相模台の区域で住居表示を実施した際、先行した相模原市側の相模台一丁目〜七丁目との同名回避のために相模が丘一丁目相模が丘六丁目とした。

地理[編集]

以下の節では、相模原市南区相模台一丁目〜相模台七丁目の区域について述べる。

相模原市南区のほぼ中央に位置し、小田急小田原線の小田急相模原駅を最寄とする。区域は同駅と国立病院機構相模原病院とを結ぶ街路と神奈川県道507号相武台相模原線(「村富線」と呼ばれる)にはさまれた部分を領域とする。敗戦前は陸軍士官学校演習地の一部であったが、戦後に開放されて当初は農地として開墾が進められた。しかし、小田急相模原駅に近いことから、東部から順次市街化が進行し、1980年代までにほぼ全域が宅地化している。ただし、この宅地化は全域にわたって計画的に行われたものではなく、各区画で無計画に虫食い状に進められた(スプロール化)。元の開墾農地の地割を反映して街路網自体は直線的だが全体の統一性はなく、袋小路も多く存在する。

小田急相模原駅と相模原病院の間の街路は隣接する南台五丁目・六丁目との境界をなし、街路に沿って商店街が形成されている。小田急相模原駅前および東側、さらに座間市側の商店街と合わせて、地域の商業中心を構成している。

地価[編集]

住宅地の地価は、2017年平成29年)の公示地価によれば、相模台2-17-8の地点で20万1000円/m2となっている[6]

世帯数と人口[編集]

2018年(平成30年)1月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
相模台一丁目 850世帯 1,604人
相模台二丁目 2,068世帯 3,655人
相模台三丁目 1,122世帯 2,271人
相模台四丁目 1,083世帯 2,177人
相模台五丁目 640世帯 1,457人
相模台六丁目 1,005世帯 2,260人
相模台七丁目 1,394世帯 3,139人
8,162世帯 16,563人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[7]

丁目 番地 小学校 中学校
相模台一丁目 全域 相模原市立相模台小学校 相模原市立相模台中学校
相模台二丁目 全域
相模台三丁目 1番~2番8号
2番20号
その他 相模原市立相武台小学校 相模原市立若草中学校
相模台四丁目 4~14番
その他 相模原市立相模台小学校 相模原市立相模台中学校
相模台五丁目 3~7番 相模原市立若草小学校 相模原市立若草中学校
8〜9番 相模原市立もえぎ台小学校
その他 相模原市立桜台小学校 相模原市立相模台中学校
相模台六丁目 1番
その他 相模原市立若草小学校 相模原市立若草中学校
相模台七丁目 19~44番
その他 相模原市立桜台小学校 相模原市立相模台中学校

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

相模台まちづくりセンター[編集]

南台一丁目〜六丁目、相模台一丁目〜七丁目、相模台団地、桜台、御園四丁目・五丁目、双葉一丁目・二丁目、麻溝台一丁目(東半)・二丁目〜六丁目・七丁目(大部分)・八丁目、北里二丁目、新磯野二丁目(一部)、大字上鶴間、大字麻溝台(一部)、大字新磯野(一部)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 人口と世帯数”. 相模原市 (2018年1月25日). 2018年2月18日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年2月18日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年2月18日閲覧。
  4. ^ 同様の例はやや南の相武台についても見られ、こちらは現在も解消していない。
  5. ^ ただし同校の所在地は文京一丁目であり相模台分室(現・相模台まちづくりセンター)の管轄区域内ではない。また、相模原市立相模台小学校は南台六丁目、同相模台中学校は桜台に所在する。
  6. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  7. ^ 小・中学校の通学区域”. 相模原市. 2018年2月18日閲覧。