相浦駐屯地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
相浦駐屯地
弓張岳から望む陸上自衛隊相浦駐屯地
弓張岳から望む陸上自衛隊相浦駐屯地
所在地 長崎県佐世保市大潟町678
座標 北緯33度10分27秒
東経129度39分28秒
駐屯地司令 水陸機動団長 兼務
主要部隊 水陸機動団本部
第1水陸機動連隊
第2水陸機動連隊
ほか
面積 927,161 平方メートル
開設年 1941年(旧海軍)
1955年(陸上自衛隊)
テンプレートを表示
相浦駐屯地崎辺分屯地
所在地 長崎県佐世保市崎辺
主要部隊 水陸機動団戦闘上陸大隊ほか
開設年 建設中
テンプレートを表示

相浦駐屯地(あいのうらちゅうとんち、JGSDF Camp Ainoura)とは、長崎県佐世保市大潟町678に所在する陸上自衛隊駐屯地である。佐世保市西部の海岸地区にあり、海上自衛隊佐世保基地アメリカ海軍佐世保基地まで約5kmの位置にある。駐屯地司令は、水陸機動団長が兼務(2018年3月26日までは西部方面混成団長)[1]。 海自佐世保地方隊崎辺地区に建設中の崎辺分屯地については、当駐屯地に隷属するため本項で取り扱う。

沿革[編集]

現在駐屯地がある場所は江戸時代中期に相浦川河口の干潟を干拓し、新田として開発した場所であった。

  • 1941年11月:旧海軍佐世保第二海兵団設置、1944年、相浦海兵団に改称。
  • 1945年:アメリカ軍が進駐。
  • 1955年(昭和30年)
    • 8月:終戦後訓練地として接収していたアメリカ軍より返還される。
    • 10月21日:第8新隊員教育隊を針尾駐屯地より移駐し相浦駐屯地を開設[2]
  • 1963年(昭和38年):102教育大隊を母体に第2教育連隊が編制完結。
  • 1969年(昭和44年)8月1日:別府駐屯地から第3教育団本部が移駐。第2教育連隊が第118教育大隊に改編、第3教育団に編入。
  • 2000年(平成12年)8月31日:西部方面普通科連隊の設置が発表される。
  • 2002年(平成14年)3月27日:西部方面普通科連隊編成完了。
  • 2013年(平成25年)3月26日:第3教育団西部方面混成団に改編。
  • 2016年(平成28年)3月:水陸機動団新編準備室が相浦駐屯地業務隊内に発足。第118教育大隊隷下の車両教育隊が竹松駐屯地に移駐。
  • 2017年(平成29年)3月:水陸機動団新編準備室が水陸機動準備隊に拡大改編のうえ、西部方面隊直轄として編成完結。第118教育大隊が久留米駐屯地に移駐。
  • 2018年(平成30年)3月27日:部隊移駐及び新・改編
  1. 西部方面普通科連隊及び水陸機動準備隊を廃止し、水陸機動団を新編。
  2. 西部方面混成団本部と第5陸曹教育隊が久留米駐屯地に移駐[3]
  3. 水陸機動団長を駐屯地司令職に補職。

相浦駐屯地所在部隊[編集]

陸上総隊直轄部隊[編集]

西部方面総監直轄部隊・機関[編集]

防衛大臣直轄部隊[編集]

崎辺分屯地駐屯予定部隊[編集]

(※)基地通信及び分屯地管理業務は相浦駐屯地の基地通信中隊派遣隊及び相浦駐屯地業務隊が併任する予定。

なお、施設建設が遅れたために[4]2018年2月の開設予定に間に合わず、2018年4月現在、相浦駐屯地に暫定配備されている。

最寄の幹線交通[編集]

重要施設[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 防衛省人事発令(1佐職:2018/3/27付、2018/3/30閲覧。)
  2. ^ 自衛隊法施行令の一部を改正する政令(昭和30年政令第281号)”. 国立公文書館デジタルアーカイブ (1955年10月14日). 2017年7月18日閲覧。
  3. ^ 水陸機動団新設へ 陸自相浦駐屯地に中澤新司令が着任 長崎(産経ニュース:2017年3月24日・2017年4月6日閲覧)
  4. ^ 「水陸機動団、両用車部隊を相浦へ 来春、分屯地整備遅れ暫定配備 佐世保 /長崎」 毎日新聞 2017年9月15日 地方版