相澤晃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
相澤 晃
あいざわ あきら
Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム 相澤 晃
ラテン文字 Akira Aizawa
愛称 晃さん
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 長距離種目
所属 東洋大学経済学部経済学科
生年月日 (1997-07-18) 1997年7月18日(21歳)
生誕地 福島県の旗福島県須賀川市
身長 178cm
体重 62kg
自己ベスト
1500m 3分52秒48(2017年)
3000m 8分10秒18 (2019年)
5000m 13分34秒94 (2019年)
10000m 28分17秒81(2018年)
ハーフマラソン 1時間01分45秒(2019年)
 
獲得メダル
男子 陸上競技
アジアジュニア陸上競技選手権大会
2016 ベトナム 5000m
ユニバーシアード
2019 ナポリ ハーフマラソン
編集 テンプレートのヘルプを表示する

相澤 晃(あいざわ あきら、1997年7月18日 - )は、福島県須賀川市出身の日本陸上競技選手である。長距離走を専門とする。

経歴[編集]

  • 中学時代(長沼中)には全日中3000m10位。都道府県駅伝2区9位などの実績を残した。
  • 学法石川高校を卒業した。高校時代は全国高校駅伝に3度出場し、5000m13分台の結果を残した。
  • 高校卒業後は東洋大学経済学科に進学した[1]。同期入学生に渡邉奏太がいる[1]。進学して2ヶ月後に行われたアジアジュニア選手権では、銀メダルを獲得した[2]
  • 2016年11月に開催された全日本大学駅伝は、「スピードの3区」を任され、区間4位の結果を残した。その後の上尾シティハーフマラソンでは、ジュニア歴代3位となる1時間02分05秒の結果を残した。
  • 同年12月10日に発表された第93回東京箱根間往復大学駅伝競走[注釈 1][出典無効]で、1年生ながらメンバー入りをした。同年12月29日に同大会の区間エントリーが発表され、最長区間で各校のエースが集う「花の2区」にエントリーされた。しかし、当日に後にエースとなる山本修二にエントリー変更され、出走は叶わなかった。
  • 一ヶ月後の香川丸亀国際ハーフマラソン[注釈 2][出典無効]では、自己ベストはならなかったものの、62分台で走り切った。
  • 2017年11月に行われた全日本大学駅伝では1区を担当。鬼塚翔太片西景ら有力選手を抑え区間賞を獲得。服部兄弟から3年連続での1区区間賞となった。
  • 2018年の正月に行われた 第94回東京箱根間往復大学駅伝競走では、各校のエースが集う花の2区を任され、西山和弥からトップで襷を貰うと、その勢いそのままかのように、後ろとの差を開き、区間3位となり、学生長距離界のエース鈴木健吾に勝った。
  • 2019年の正月に行われた 第95回東京箱根間往復大学駅伝競走では、準エースが揃う4区を任され、吉川洋次から8秒差の2位でトップで襷を貰うと、2.6km過ぎで先頭を走る青山学院大学を突き放し、後続との差を付け、大塚倭の区間記録を更新する、1時間0分54秒のタイムで区間新記録を樹立。大塚だけでなく、ほぼ同じコースであった旧4区の区間記録保持者である藤田敦史の記録である1時間0分56秒をも事実上更新した。箱根駅伝終了後に東洋大学陸上競技部駅伝の主将に任命される。
  • 更に同年の第24回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会では福島県チームの7区アンカーを任され、区間賞の走りで東北勢・福島県勢初の優勝に導いた。
  • 金栗記念杯5000mで自己ベストを更新する13分34秒94をマークし、現学生日本人最高タイムを持つ關颯人の記録を上回ったため、2019年4月14日現在の5000m学生日本人最速タイム保持者となった。

戦績[編集]

主な戦績[編集]

大会 種目(区間) 順位 記録 備考 出典
2016 関東私学六大学対校陸上競技選手権大会 5000m 14分40秒21
2016 日本選抜陸上 5000m 6位 14分10秒17 シーズンベスト
2016 アジアジュニア陸上競技選手権大会 5000m 2位 14分32秒08
2016 男鹿駅伝競走大会 4区 区間4位 27分50秒
2016 上尾シティハーフマラソン ハーフマラソン 5位 1時間02分05秒 自己ベスト、ジュニア歴代3位
2017 香川丸亀国際ハーフマラソン ハーフマラソン 31位 1時間02分59秒
2017 日本学生ハーフマラソン ハーフマラソン 14位 1時間03分33秒
2017 関東私学六大学対校陸上競技選手権大会 5000m 4位 14分06秒88 関東インカレA標準突破
2017 平国大長距離記録会 10000m 優勝 28分44秒19 自己ベスト、関東インカレA標準突破
2017 関東学生陸上競技対校選手権大会 10000m 18位 29分42秒15
2017 関東学生陸上競技対校選手権大会 ハーフマラソン 8位 1時間04分57秒
2017 世田谷陸上競技会 5000m 13分48秒73 自己ベスト
2018 熊日30キロロードレース 30km 6位 1時間30分25秒 初挑戦記録
2018 兵庫リレーカーニバル 10000m 5位(日本人1位) 28分17秒81 自己ベスト、日本選手権A標準突破
2019 日本学生ハーフマラソン ハーフマラソン 優勝 1時間01分45秒

大学三大駅伝戦績[編集]

学年 出雲駅伝 全日本大学駅伝 箱根駅伝 出典
1年生
(2016年度)
第28回
- - -
出走なし
第48回
3区-区間4位
27分40秒
第93回
- - -
出走なし
2年生
(2017年度)
第29回
2区-区間6位
16分23秒
第49回
1区-区間賞
43分24秒
第94回
2区-区間3位
1時間07分18秒
歴代14位
3年生
(2018年度)
第30回
1区-区間2位
23分21秒
第50回
8区-区間賞
58分23秒
第95回
4区-区間新記録
1時間00分54秒

その他の駅伝戦績[編集]

大会 区間 区間順位 記録 備考 出典
2010 第22回ふくしま駅伝 8区(5.4km) 区間30位 18分33秒
2011 第23回ふくしま駅伝 8区(5.4km) 区間4位 17分08秒
2012 第24回ふくしま駅伝 3区(5.8km) 区間3位 18分37秒
2013 第25回ふくしま駅伝 2区(8.2km) 区間3位 25分03秒
2013 第18回都道府県駅伝 2区(3.0km) 区間9位 8分40秒
2013 第64回全国高校駅伝 2区(3.0km) 区間6位 8分15秒 学法石川8位(初入賞)
2014 第65回全国高校駅伝 4区(8.0875km) 区間19位 24分31秒 学法石川7位(過去最高順位)
2015 第66回全国高校駅伝 4区(8.0875km) 区間14位 23分47秒 学法石川7位(過去最高タイ、チーム最高タイム)
2015 第20回都道府県駅伝 4区(5.0km) 区間14位 14分35秒
2016 第21回都道府県駅伝 4区(5.0km) 区間4位 14分30秒
2019 第24回都道府県駅伝 7区(13.0km) 区間1位 37分14秒 福島県1位(初優勝、チーム最高タイム)

自己ベスト[編集]

種目 記録 大会 備考
1500m 3分52秒48 2017年4月8日 関東私学六大学対校陸上競技選手権大会
3000m 8分10秒18 2019年4月7日 関東私学六大学対校陸上競技選手権大会
5000m 13分34秒94 2019年4月14日 金栗記念選抜陸上中長距離大会
10000m 28分17秒81 2018年4月21日 アシックスチャレンジ
ハーフマラソン 1時間01分45秒 2019年3月10日 日本学生ハーフマラソン

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 箱根駅伝公式Webサイト”. 2017年2月26日閲覧。
  2. ^ 香川丸亀国際ハーフマラソン”. 香川丸亀国際ハーフマラソン大会事務局. 2017年2月5日閲覧。

出典[編集]

  1. ^ a b スポトウ|東洋大学スポーツ新聞編集部 ニュース”. 東洋大学スポーツ新聞編集部 (2016年5月17日). 2017年2月26日閲覧。
  2. ^ 【大会結果】第17回アジアジュニア陸上競技選手権大会 | 東洋大学”. 東洋大学. 2017年2月26日閲覧。

関連項目[編集]