相澤益男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

相澤 益男(あいざわ ますお、1942年8月31日 - )は日本工学者、工学博士。

生命工学、バイオエレクトロニクス研究の第一人者であるとともに、東京工業大学学長、国立大学協会会長、総合科学技術会議議員を歴任し、日本の大学院改革、科学技術政策に関する提言を行ってきている。

略歴[編集]

  • 1966年 横浜国立大学工学部卒業
  • 1971年 東京工業大学大学院理工学研究科博士課程修了
  • 1971年 東京工業大学資源化学研究所助手
  • 1980年 筑波大学物質工学系助教授
  • 1986年 東京工業大学工学部教授
  • 1994年 東京工業大学生命理工学部長
  • 2001年 東京工業大学学長
  • 2005年 国立大学協会会長(-2007年)
  • 2007年 総合科学技術会議常勤議員

受賞[編集]