相良亨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

相良 亨(さがら とおる、1921年5月23日 - 2000年10月14日)は、日本の倫理学者。東京大学文学部名誉教授。日本学士院会員。

来歴[編集]

金沢市生まれ。1944年東京帝国大学文学部倫理学科卒業。和辻哲郎に師事。茨城大学助教授、1965年東京大学文学部助教授、1971年教授。1982年定年退官、名誉教授、共立女子大学教授。1996年春、勲三等旭日中綬章受勲。

和辻哲郎の衣鉢を継ぎ、日本文化の中に美と倫理を見出した。著作集全6巻がある。

著書[編集]

  • 『近世日本儒教運動の系譜』弘文堂〈アテネ新書〉, 1955
  • 『日本人の伝統的倫理観』理想社, 1964
  • 『近世日本における儒教運動の系譜』理想社, 1965
  • 『近世の儒教思想』塙選書, 1966
  • 武士道』塙新書, 1968/講談社学術文庫, 2010
  • 本居宣長』東京大学出版会, 1978/講談社学術文庫, 2011
  • 『誠実と日本人』ぺりかん社, 1980、増補版1998
  • 『日本人の死生観』ぺりかん社, 1984
  • 『武士の思想』ぺりかん社, 1984、新装版2004
  • 『日本人の心』東京大学出版会〈UP選書〉, 1984、増補新装版2009(解説苅部直
  • 『日本の思想 理・自然・道・天・心・伝統』ぺりかん社, 1989、新装版1998
  • 世阿弥の宇宙』ぺりかん社, 1990
  • 相良亨著作集』全6巻 ぺりかん社, 1992-96
    • 「1・2 日本の儒教」
    • 「3 武士の倫理-近世から近代へ」
    • 「4 死生観、国学-本居宣長とその周辺」
    • 「5 日本人論」
    • 「6 超越・自然」
  • 『一語の辞典 こころ』三省堂, 1995
  • 伊藤仁斎』ぺりかん社, 1998
  • 『日本人の心と出会う』花伝社, 1998

編著[編集]

  • 『日本の倫理』数江教一共著 宝文館, 1959
  • 『東洋倫理思想史』 学文社, 1977
  • 『江戸の思想家たち』 研究社出版, 1979
  • 『日本思想史入門』 ぺりかん社, 1984
  • 『超越の思想 日本倫理思想史研究』 東京大学出版会, 1993

参考[編集]