相良俊輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

相良 俊輔(さがら しゅんすけ、1920年 - 1979年8月)は、児童文学者、編集者漫画原作者東京都出身。

来歴[編集]

1920年、東京都生まれ。文芸誌、娯楽誌の編集者を十数年務め、山手樹一郎山本周五郎牧野吉晴らと親交を深める。文芸誌「不同調」に処女作「虚構の夜」を発表。以後、戦記物の著作を多く手掛ける。1979年8月没。墓所は大磯町妙大寺

著書[編集]

  • 「機関車大将」
  • 「大雪原鉄道」
  • 「少年会津藩士秘録」
  • 「人類愛に生きた将軍」
  • 「ジュニア版太平洋戦争」
  • 「暁の攻撃隊」
  • 「ああ厚木航空隊」
  • 「夏の空」
  • 「海原が残った(上・下)」
  • 「流氷の海」
  • 「菊と龍」
  • 「赤い夕陽の満州野が原に」
  • 「怒りの海」
  • 「魔神の使者」毎日小学生新聞連載(全150回)

漫画原作[編集]