相良村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
さがらむら ウィキデータを編集
相良村
相良村 20150924.jpg
大字深水の風景と川辺川
相良村旗 相良村章
相良村旗 相良村章[1]
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 熊本県
球磨郡
市町村コード 43510-4
法人番号 6000020435104 ウィキデータを編集
面積 94.54km2
総人口 3,945[編集]
推計人口、2021年8月1日)
人口密度 41.7人/km2
隣接自治体 人吉市球磨郡錦町あさぎり町多良木町五木村山江村
村の木
村の花 フクジュソウ
村の鳥 セキレイ
相良村役場
村長
[編集]
徳田正臣
所在地 868-0094
熊本県球磨郡相良村大字深水2500-1
北緯32度14分5.9秒 東経130度47分51.6秒 / 北緯32.234972度 東経130.797667度 / 32.234972; 130.797667座標: 北緯32度14分5.9秒 東経130度47分51.6秒 / 北緯32.234972度 東経130.797667度 / 32.234972; 130.797667
村役場位置

村役場
外部リンク 公式ウェブサイト

相良村位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

ウィキプロジェクト
テンプレートを表示
川村駅前(北側)

相良村(さがらむら)は、熊本県の南部に位置する。「相性が良くなる村」として愛をテーマに地域づくりを進めている[2][3]

地理[編集]

地名[編集]

  • 川辺(旧川村)
  • 深水(旧川村)
  • 柳瀬(旧川村)
  • 四浦(旧四浦村。地内はさらに東・西に分かれる)

歴史[編集]

沿革[編集]

  • 1956年(昭和31年)9月1日 - 川村と四浦村が合併して相良村が誕生[4]

行政[編集]

  • 村長:吉松 啓一 (2020年から、1期目)

経済[編集]

産業[編集]

  • 主な産業
  • 産業人口

特産品[編集]

  • 茶(熊本県内一位の生産量)
  • 葉たばこ
  • 四浦こんにゃく
  • メロン
  • 長もやし

地域[編集]

健康[編集]

人口[編集]

Population distribution of Sagara, Kumamoto, Japan.svg
相良村と全国の年齢別人口分布(2005年) 相良村の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 相良村
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

相良村(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

教育[編集]

中学校[編集]

小学校[編集]

  • 相良村立相良北小学校
  • 相良村立相良南小学校

交通[編集]

鉄道路線[編集]

路線バス[編集]

道路[編集]

村内に高速道路のインターチェンジはないが、最寄りは九州自動車道人吉インターチェンジ

一般国道
主要地方道
一般県道

姉妹都市・提携都市[編集]

海外[編集]

姉妹都市

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

名所・旧跡・観光スポット[編集]

  • 仰烏帽子山(市房山、白髪岳と並ぶ球磨三名山の一つ)
  • 雨宮神社(くまもと緑の百景に選ばれた「雨宮の森」(通称:トトロの森)に鎮座)
  • 十島菅原神社(平成6年度に国の重要文化財に指定)
  • 北嶽神社

祭事・催事[編集]

  • 北嶽神社・十島菅原神社秋季大祭(毎年9月23日)
  • 専徳寺ひな祭
  • サイクルフェスタ
  • サガラッパ祭り

出身著名人[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ さがらの「さ」を図案化したもので、将来に向かって強く、大きく飛躍する「発展」と互いに交わる村民の「融和」を表し、下部の切りぬきは貫流する「川辺川」を意味しています。
  2. ^ 相性が良くなる村”. 相良村役場(総務課). 2017年11月11日閲覧。
  3. ^ a b NHK (2017年11月11日). “「愛」が取り結ぶ姉妹提携 熊本県相良村と仏の村が調印” (日本語). 2017年11月11日閲覧。
  4. ^ 相良村の歴史”. 相良村. 2017年11月11日閲覧。
  5. ^ 時事通信 (2017年11月11日). “仏「愛の聖地」と姉妹都市=縁結びで地域おこし-熊本県相良村” (日本語). 2017年11月11日閲覧。