相輪塔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「相輪橖」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
零羊崎神社 相輪橖

相輪橖(そうりんとう)は、仏教施設のひとつである。相輪塔とも書く。

ロケットのような形をしている。

高さは13.7mある。

仏塔の一種と考えられ、三重塔五重塔屋根の部分を取り払い、と仏塔の屋根の上にある相輪の部分からなり、四方に柱を支える支柱がある。

古くから建てられていたようであるが、現在歴史のある相輪橖は少なく、比叡山延暦寺日光輪王寺にある。

関連項目[編集]