相馬恵胤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

相馬 恵胤(そうま やすたね、大正2年(1913年3月9日 - 平成6年(1994年1月4日[1])は、旧陸奥中村藩主の相馬子爵家32代当主。相馬孟胤の子。妻は尾崎行雄の三女雪香。子に相馬和胤。

学習院高等科、1941年東京帝国大学文学部倫理学科卒業後、宮内庁事務官になった。昭和11年(1936年)2月に父孟胤が死亡したのちに相続。競走馬の馬主となり、日本馬主協会連合会第8代会長となる。相馬市に二の丸球場や長友グラウンドなどを寄贈した。また、相馬野馬追の振興に大きく貢献し、相馬市名誉市民になった。

脚注[編集]

  1. ^ 平成新修旧華族家系大成』上巻(霞会館、1996年)p.774

参考文献[編集]

相馬市公式HP(名誉市民)

関連項目[編集]


日本の爵位
先代:
相馬孟胤
子爵
中村相馬家第4代
1936年 - 1947年
次代:
華族制度廃止