相馬邦道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
相馬邦道
研究分野 歯科矯正学
研究機関 東京医科歯科大学
出身校 東京医科歯科大学
主な受賞歴 日本歯科医学会会長賞[1]
プロジェクト:人物伝

相馬 邦道(そうま くにみち)は日本歯学者歯科医師東京医科歯科大学名誉教授。東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科口腔機能再構築学系専攻口腔機能発育学講座咬合機能矯正学分野(元歯科矯正学第一講座)教授。元日本矯正歯科学会会長[2]

経歴[編集]

1968年東京医科歯科大学卒業、1972年同大学院修了、1992年より同大学教授に就任、2008年に名誉教授[2]

1972年東京医科歯科大学より歯学博士号を得る。論文の題は「頭部X線規格写真上での類似法による成長予測の検討}[3]

著書[編集]

  • 相馬邦道 他 『歯科矯正マニュアル』 福原達郎、黒田敬之、南山堂、1996年。ISBN 4525832134。
  • 相馬邦道 他 『歯科材料の副作用と安全性』 佐藤温重、学建書院1997年。ISBN 978-4-7624-0602-7。
  • 相馬邦道 他 『臨床医のための顎関節疾患入門』 石橋克禮、井上宏、亀山洋一郎永末書店1998年。ISBN 978-4-8160-1066-8。
  • 相馬邦道 他 『健康科学における歯科補綴学 : 21世紀に目指すもの』 第100回日本補綴歯科学会記念大会出版委員会、日本補綴歯科学会1999年NCID BA42180274
  • 相馬邦道 他 『口腔保健と全身的な健康状態の関係について』 厚生科学研究「口腔保健と全身的な健康状態の関係」運営協議会、口腔保健協会〈伝承から科学へII〉、2000年7月15日。ISBN 978-4896051629。
  • 相馬邦道 他 『歯科矯正学』 医歯薬出版、2001年4月、第4版。ISBN 978-4-263-45514-2。
  • 藤田幸弘、相馬邦道 「第6章 顎関節症における咬合再構成上の留意点 3.矯正治療」『顎関節症入門』 森本俊文、松矢篤三、野首孝祠、小林義典、医歯薬出版2001年10月20日。ISBN 978-4-263-44130-5。
  • 『接着歯学 Minimal Interventionを求めて』 日本接着歯学会、監修 野口八九重、藤井辨次、細田裕康、山下敦 編集委員 熱田充、荒木吉馬、小野瀬英雄、柏田聰明、河野篤、佐野英彦、鈴木一臣、福島俊士、安田登医歯薬出版2002年4月20日。ISBN 978-4-263-44135-0。
  • 相馬邦道 他 『顎関節症』 永末書店2003年3月31日、日本顎関節学会。ISBN 978-4-8160-1121-4。
  • 『歯科矯正学』 相馬邦道、飯田順一郎山本照子葛西一貴後藤滋巳医歯薬出版2008年3月25日、第5版。ISBN 978-4-263-45615-6。

所属団体[編集]


学職
先代:
三浦不二夫
歯科矯正学第一講座教授)
第2代
1962年-1991年
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科口腔機能再構築学系専攻
口腔機能発育学講座咬合機能矯正学分野教授

第3代
1992年-2008年
次代:
小野卓史
第4代
2010年-
先代:
丸山剛郎
第16回
1998年9月
日本顎口腔機能学会学術大会 大会長
第17回
1998年12月
次代:
赤川安正
第18回
1999年4月

脚注[編集]

  1. ^ 日本歯科医学会会長賞歴代受賞者一覧表 (PDF)”. 日本歯科医学会. 2013年3月7日閲覧。
  2. ^ a b c 矯正歯科医会主催の「市民セミナー in 東京」”. 日本臨床矯正歯科医会. 2013年3月7日閲覧。
  3. ^ 博士論文書誌データベース
  4. ^ 第11回常任理事会会議録”. 日本歯科医学会. 2013年3月7日閲覧。
  5. ^ 一般社団法人日本歯学系学会協議会 定款”. 日本歯学系学会協議会. 2013年3月7日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 研究者情報”. J-GLOBAL. 科学技術振興機構. 2013年3月7日閲覧。
  7. ^ 日本顎関節学会 名誉会員”. 日本顎関節学会. 2013年3月7日閲覧。
  8. ^ 構成員”. 大阪大学大学院歯学研究科 顎顔面口腔矯正学教室. 2013年3月7日閲覧。