省試

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

省試(しょうし)は、中国代・宋代科挙中の試験であり、尚書省で行われた試験であったので、こう呼ばれた。また、貢挙とも称された。

挙人(郷貢進士)は、各より推薦を受け、国都に至って、尚書省で省試を受験した。唐代では、その試験官は吏部考功員外郎であった。玄宗朝以後、礼部侍郎が管轄した。貢挙の別名により、試験官を知貢挙とも称した。

宋代には、知貢挙には、著名な文人が任命されるようになり、必ずしも礼部侍郎が当たることはなくなった。それでも、旧称に従って礼部試と呼ばれた。

関連項目

今日は何の日(12月7日

もっと見る

「省試」のQ&A