眞含院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

眞含院(しんがんいん、享保18年5月1日1733年6月12日) - 文化5年3月7日1808年4月2日))は、福岡藩黒田継高の継嗣・黒田重政の正室。眞含院は落飾後の院号で、実名は菊姫菊子。子に男児(夭折)、娘(夭折)、黒田治之の正室となった娘・屋世がいる。

生涯[編集]

享保18年(1733年)に薩摩藩島津継豊の娘として白金の島津藩邸にて誕生した。母は5代将軍徳川綱吉、8代将軍徳川吉宗の養女・竹姫(浄岸院)。菊姫は母・竹姫と江戸で生活を共にし、国許の薩摩へは一度も入ることはなかった。その後、菊姫は福岡藩継嗣・黒田重政と婚約、霞ヶ関の黒田藩邸に入る。

菊姫と重政の夫婦仲は良かったという。重政との間には屋世(黒田治之室)、娘(夭折)、男児(夭折)をもうけた。

しかし、重政は宝暦12年(1762年)に29歳で藩主を継がぬまま死去した。菊姫は落飾し、眞含院と号した。重政との間に儲けた男児は夭折していたため、藩主黒田継高は四男・長経(重政の弟)を継嗣に定めたが、長経も宝暦13年(1763年)に死去した。2人の死によって、福岡藩主家における如水長政以来の男系の血統は途絶えた。

眞含院は生まれた男児を亡くさなければ、黒田本家の血統を途絶えさせることはなかったと、男児を死なせたことを悔やんだといわれる。

継高は一橋徳川家から養子・治之を迎えるにあたり、眞含院と重政の娘・屋世を養女に迎えて、屋世を治之に娶らせた。しかし、屋世も11歳で死去した。当然子供もいないため、如水、長政以来の血統は男系・女系とも断絶したが、眞含院は姑の継高正室圭光院と仲が良く、福岡藩黒田家の永続のために尽力している。

晩年は夫・重政と娘・屋世の菩提を弔う日々を送った。

文化5年(1808年)3月7日に桜田の黒田藩邸にて死去。