眞藤邦彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

眞藤 邦彦(しんどう くにひこ、1953年5月4日 - )は、サッカー指導者(JFA 公認S級コーチ)。現在は広島文教女子大学教養教育部教授。専攻は運動学。

来歴[編集]

日本体育大学を卒業後、広島市立中学校教員を6年間、その後広島市立高等学校に教員として勤務。

2003年4月より広島市からサンフレッチェ広島F.Cへ派遣される。その後は主に下部組織で活躍、日本サッカー協会の地域コーディネーターの仕事だけでなく、フレッチェスクール立ち上げや元暴走族との交流など幅広く活躍。

2006年より日本サッカー協会スタッフとして活躍した。その後、広島文教女子大学准教授を経て、教授に就任している。2015年6月、レノファ山口FCのアカデミーダイレクター兼トップチームアシスタントコーチに就任[1]

経歴[編集]

脚注[編集]

参考資料[編集]

関連項目[編集]