眞野勝弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
眞野 勝弘
しんの かつひろ
生年月日 (1943-07-27) 1943年7月27日(74歳)
出身校 広島商科大学短期大学部
前職 廿日市市副市長
所属政党 無所属

当選回数 3回
在任期間 2007年11月3日 - 現職
テンプレートを表示

眞野 勝弘(しんの かつひろ、1943年7月27日 - )は、日本政治家広島県廿日市市長(3期)。

来歴[編集]

1962年(昭和37年)3月、広島県立日彰館高等学校卒業。1964年(昭和39年)3月、広島商科大学短期大学部卒業[1]。1980年(昭和55年)12月、佐伯郡町村会事務局長に就任。1984年(昭和59年)4月、廿日市町の職員となる。1988年(昭和63年)4月1日、廿日市町が市制施行し廿日市市が発足する。眞野は1999年(平成11年)12月に同市助役となり、2007年(平成19年)4月に副市長に就任。

就任4か月後の8月に副市長を辞任。同年10月21日に行われた廿日市市長選挙に出馬。廿日市市議の井上佐智子との一騎討ちを制し初当選(眞野:24,727票、井上:16,289票)[2]。投票率は44.06%だった。11月3日、市長に就任[3]

2011年(平成23年)10月30日、再び出馬した井上佐智子を退け2期目の当選を果たす(眞野:21,814票、井上:12,163票)。投票率は36.43%[4]

2015年(平成27年)、3選。

脚注[編集]

[ヘルプ]
先代:
山下三郎
Flag of Hatsukaichi.svg 広島県廿日市市長
2007年 -
次代:
(現職)