真のナポリピッツァ協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

真のナポリピッツァ協会イタリア語: Associazione Verace Pizza Napoletana、通称:AVPN)は、イタリア政府公認[1][2]非営利団体ナポリに本部を置き、商標の保護や伝統的なナポリピッツァの材料や製造方法、職人の技法を護るために活動している[3]。国際的な認定基準となる「真のナポリピッツァ作り手順国際ガイドライン」を策定し、伝統的なナポリピッツァを提供するピッツェリアの認定を行い、全世界共通の一意番号で管理を行っている[3]

AVPNの認定を受けた店は、認定順の世界共通の通し番号が授与され、ナポリの伝統的な道化師「プルチネッラ」がピッツァを焼いてるデザインのマークとロゴの使用を許可される[4]

沿革[編集]

1984年6月にナポリでピッツァ職人たちが発起人となって設立される[4]

2004年5月にイタリア政府からの公認を受け、STG(伝統的特産品保護、Specialità tradizionale garantitaイタリア語版(定められた通りに作られていれば、作成場所を問わない原産地名称保護制度の1種)認定を受けた[4]

2006年9月12日には、真のナポリピッツァ協会 日本が設立された。

出典[編集]

  1. ^ 食べログ/ピザの名店100店、「ナポリピッツァ」ベースが9割”. 流通ニュース (2017年10月26日). 2018年2月15日閲覧。
  2. ^ “沖縄初、お墨付きナポリピッツァを浦添で”. 沖縄タイムス. (2014年11月17日). http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/46256 2018年2月15日閲覧。 
  3. ^ a b イタリア政府公認「真のナポリピッツァ」を提供するピッツェリア「スガッチィー」をグルメハント”. GIGAZINE (2010年1月20日). 2018年2月15日閲覧。
  4. ^ a b c 真のナポリピッツァ”. イタリアンレストラン マガジーノ. 2018年2月15日閲覧。