真光系諸教団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

真光系諸教団(まひかりけいしょきょうだん)とは、岡田光玉が1959年に日本で立教した「L・H陽光子友乃会」の系譜にある一連の諸宗教団体である。


分裂2教団に関してはどちらも正当な継承者を自認しており、教義教理に大差はない[1]

分裂2教団[編集]

本項では分裂2教派を便宜上「関口派」「恵珠派」とする。岡田光玉とその養女で一番弟子といえる岡田恵珠によって1959年に設立されたいわゆる真光教団は、1963年に法人化した。1974年に光玉が死去すると実質序列3位であった関口榮が2代目指導者(二代教え主)を自称。同じく指導の継承を主張した恵珠と対立が生じ、教団の分裂へと発展する。

真光裁判[編集]

光玉が死去した後、継承者の正当性を巡って争われた裁判。教団本部機構の一つである「崇教局」の長であった関口榮と光玉の養女である恵珠がそれぞれ2代目指導者(二代教え主)を主張。

裁判は1974年9月18日に関口が恵珠を訴え、1982年7月5日和解が成立。実質的な恵珠の敗訴(教団の名称、紋章、施設の使用禁止)となり、それぞれ独立して布教を行う事と裁判所から示された。

以後、二つの「真光」が固定化する。後述するロゴタイプの事や教義教理に大差がないこともあって両者はしばしば取り違えられやすい。

関口派[編集]

2代教え主(指導者)関口榮。1994年1月3日死去。神名聖峰。3代教え主に関口勝利が就任。神名聖翔。

関口は光玉死去後速やかに後継指導者を自称し、これを機関誌で発表。崇教局長として本部機構をほぼ掌握していたことから可能なことであった。

以後、静岡県伊豆市冷川に「真光教本殿(総本山)」、「ミロク神殿」などの礼拝施設を建設。本部も伊豆市冷川に置く。日本、アメリカ合衆国、台湾、メキシコ、ブラジル、カナダ、アフリカ等に拠点がある。

恵珠派[編集]

2代教え主岡田恵珠。神名聖珠。2002年6月、2代教え主代理に岡田晃弥が就任。2009年6月23日をもって3代教え主として、晃弥改め晃央が就任。

真光裁判中に恵珠側は1978年、「宗教法人真光」(崇教「真光」)を設立し、恵珠派の活動の受け皿となった。ただ、恵珠は真光教団指導者の正当なる後継を主張して争っていたため分派の意識はなく、会員(組み手)の大部分も別法人設立の経緯を詳しく知らされないまま[2]ついて行ったと言われている。晃弥(晃央)は恵珠派についた幹部の一人であった。

後に『宗教法人崇教真光』(崇教真光)と登記上の名称を変更している。紋章は実質敗訴以降籠目で囲ったものに変更。一方、ロゴタイプは引き続き光玉親筆のものを使用していたが、21世紀に入ってから変更されている。光玉時代の文書や教団史からは初代教団名を全て外している。

恵珠は光玉の死去後、「元み魂座」(静岡県熱海市)と呼ばれる教え主の住居兼神事の場を相続し、光玉の最側近として一定数の活動拠点に対する指揮命令系統を確保した。

後に「世界総本山」を岐阜県高山市上岡本町に建設する過程において光玉死去の直前に「高山に総本山建設」と「娘(恵珠)への継承」の神示があったことを公表している[3]。本部も高山市上岡本町に置く。他の礼拝施設には「光神殿」(高山市久々野町無数河)がある。

イスラム圏を除く世界各国に多数拠点がある。新宗連に加盟し、日本会議の構成団体[4]である。

宗教学者の島薗進は、「隔離型」「個人参加型」「中間型」の新宗教の3分類のうち、「中間型」に属する代表的な教団であるとしている[5]

諸分派[編集]

神幽現救世真光文明教団[編集]

光玉当時の教団所属時に神から示されたとする独自の業を用いたことをきっかけに除名された依田君美によって1974年に立教された。

陽光子友乃会[編集]

関口家による教団私物化を批判した上で、世界真光文明教団から分裂した教団。初代の頃からの信者であった田中清英(元世界真光文明教団・崇教局長)が設立。

茨城県つくば市に本部がある。田中清英が三代教え主就任。神名三代聖凰。(世界真光文明教団の二代教主関口栄の「聖峰」という神名は正当な神示によるものではないと述べ、教え主は聖凰を名乗るべきであるという自説による)平成14年6月に死去。崇教局長沼田明里が四代教え主に就任。神名4代聖凰。

日本、シンガポール、マレーシア、台湾、アメリカ、ドイツ、メキシコに拠点あり。

真光正法之會[編集]

田中清英による教団私物化批判により陽光子友乃会より脱会し設立した教団。

神聖位山真光神団[編集]

岐阜県高山市にある教団。

主神正法会[編集]

三重県にある「陽光子友乃会」から分派した教団。

ス光光波世界神団[編集]

崇教真光の会員であった黒田みのるによって1983年に立教。現在、黒田みのるは真光との関係を否定している。

「真理=神理」の研究会[編集]

崇教真光の会員が2006年10月15日に設立した教団。

系譜[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
L・H陽光子友乃会
1959年2月27日立教
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
世界真光文明教団
1963年11月19日宗教法人設立
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
初代教え主・岡田光玉死去
(1974年6月23日)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
↙真光裁判
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
光輪
1980年立教
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
真光正法之會
1991年設立
 
主神正法会
 
陽光子友乃会
1987年立教
 
世界真光文明教団
 
崇教真光
1978年6月5日設立
 
「真理=神理」の研究会
2006年10月15日設立
 
ス光光波世界神団
1984年改称
 
神幽現救世真光文明教団
1974年6月6日立教

参考文献[編集]

  • 島薗進 『ポストモダンの新宗教』 東京堂出版、2001年9月25日。ISBN 978-4490204476。 
  • 上之郷利昭 『教祖誕生』所収「陸軍中佐岡田良一を襲った『真光』の啓示」 ISBN 4103670010 ISBN 4061857398
  • 早川和廣 『新興宗教教祖のウラの裏がわかる本』所収「分裂好きな関口栄・世界真光文明教団と岡田聖珠・崇教真光」 ISBN 4893740210
  • 段勲 『「超能力」宗教・その謎と正体』 ISBN 4871770486
  • 石川元 「『真光教の体験的理解』 その顛末」 小田晋編 『宗教オカルト時代の心理学 (現代のエスプリ 292)』 ISBN 4784352929
  • 『中外日報』1982年9月3日8-9面「ニュース追跡:世界真光文明教団事件(上)」
  • 『中外日報』1982年9月6日8-9面「ニュース追跡:世界真光文明教団事件(中)」
  • 『中外日報』1982年9月8日8-9面「ニュース追跡:世界真光文明教団事件(下)」
  • 『宗教関係判例集成 第4巻』(第一書房) 136-143頁
  • 『宗教関係判例集成 第5巻』(第一書房) 566-589頁
  • 『宗教法』第5号(宗教法学会発行) (1986.11) 25-42頁
  • 『現代』(月刊)1987年4月号 P238-255
  • 『現代』(月刊)1987年8月号 P338-353
  • 『現代』(月刊)1987年10月号 P342-364
  • 『ゼンボウ』1987年10月号(全貌社)P34-39

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 沼田健哉「現代日本における新宗教の諸相 : カリスマを中心として」桃山学院大学社会学論集 19(1), 1-30, 1985-10-30, 桃山学院大学
  2. ^ 『中外日報』1982年9月6日8-9面「ニュース追跡:世界真光文明教団事件(中)
  3. ^ 崇教真光 - 毎日新聞社 1994年6月
  4. ^ 塚田穂高、宗教と政治の転轍点、花伝社、2016年。
  5. ^ 島薗進 2001, p. 30.