真嘉比インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:施設外観の画像提供をお願いします。2015年6月

座標: 北緯26度13分39.3秒 東経127度42分5.3秒

国道330号標識

真嘉比インターチェンジ(まかびインターチェンジ)は、沖縄県那覇市真嘉比にある国道330号バイパス)と那覇市道新都心西通り線・真嘉比古島線が交わる立体交差である(国道が市道をアンダーパスする)。

概要[編集]

1970年に当時の琉球政府道41号線(現国道330号)のバイパスが安里交差点~古島ICが部分開通したのに伴い供用された。バイパスが当時自動車専用道路として建設されたため、交わる幹線道路とはICによる立体交差となった。

供用開始から1997年までは市道(真嘉比古島線)から国道側の古島IC方面(北行き)へは高架橋で国道を跨ぎ、左旋回で交差するという方式だったが、国道西側の米軍住宅地返還による新都心地区開発に伴い、市道の高架橋を新都心側(新都心西通り線)へ改良・延長、国道側の出入口を撤去した(高架橋は改良工事のため一時閉鎖、国道へは高架橋を通らずに平面交差)。新都心西通り線が整備された2001年に高架橋が再供用された。かつて国道への出入口があった場所には出光興産ガソリンスタンド(セルフ式)が建てられた(ICを挟んで市道の向かい側にもエッソのガソリンスタンドがあるがセルフ式ではない)。最近では、真嘉比ICと言うよりむしろ、真嘉比交差点という事が多い。

2003年には沖縄都市モノレールが開通、国道の中央を通るレールが市道の高架橋をオーバーパスしている。

交差道路[編集]

  • 国道330号(南北方面)
  • 那覇市道真嘉比古島線(東方面)
  • 那覇市道新都心西通り線(西方面)

各方面別の主な目的地[編集]

[編集]

国道330号バイパス
古島IC - 真嘉比IC - おもろまち駅前交差点

関連項目[編集]