真夏の夜の動物園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
真夏の夜の動物園
ザ・ダイナマイツシングル
B面 毛皮になったしま馬
リリース 1968年6月
ジャンル グループ・サウンズ
レーベル ビクターレコード
作詞・作曲 作詞:橋本淳
作曲:鈴木邦彦
ザ・ダイナマイツ シングル 年表
ユメがほしい
1968年
真夏の夜の動物園
1968年
恋は?
1968年
テンプレートを表示

真夏の夜の動物園」(まなつのよるのどうぶつえん)は、1968年6月に発売されたザ・ダイナマイツの楽曲。デビューから3枚目のシングルである。

作詞は橋本淳、作曲は鈴木邦彦。詞には「ジャングル」「アフリカ」と、熱帯を意識した語句が使われ、また、メンバー自身のものと思われる、猛獣の鳴き声を真似たかのような絶叫が、間奏で繰り返し挿入されているのが特徴である。
作曲した鈴木邦彦も、自身のバンド「鈴木邦彦とザ・ジョーカーズ」で、この曲をインストゥルメンタルという形でセルフカバーしている。

B面は「毛皮になったしま馬」。ケニアから日本に連れて来られたシマウマの悲哀を、フォークソング風に唄っている。

収録曲[編集]

  • 両楽曲とも、作曲・編曲:鈴木邦彦
  1. 真夏の夜の動物園
    • 作詞:橋本淳
  2. 毛皮になったしま馬

関連項目[編集]