真実 (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
真実
フィオナ・アップルスタジオ・アルバム
リリース
録音 Chateau Brion Studio, Nrg, Ocean Way Studios, Andora Studio, One On One South, Woodwinds
ジャンル オルタナティヴ・ロックバロック・ポップ
時間
レーベル Clean Slate / エピック・レコード
プロデュース ジョン・ブライオン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 13位(アメリカ[1]
  • 32位(フランス[2]
  • 39位(日本[3]
  • 46位(イギリス[4]
  • 66位(ドイツ[5]
  • フィオナ・アップル 年表
    タイダル
    (1996年)
    真実
    (1999年)
    エクストラオーディナリー・マシーン
    (2005年)
    テンプレートを表示

    真実』(原題:When the Pawn Hits the Conflicts He Thinks like a King What He Knows Throws the Blows When He Goes to the Fight and He'll Win the Whole Thing 'fore He Enters the Ring There's No Body to Batter When Your Mind Is Your Might So When You Go Solo, You Hold Your Own Hand and Remember That Depth Is the Greatest of Heights and If You Know Where You Stand, Then You Know Where to Land and If You Fall It Won't Matter, Cuz You'll Know That You're Right)は、アメリカ合衆国シンガーソングライターフィオナ・アップル1999年に発表した2作目のスタジオ・アルバム。90語から成る原題は、アップルがライヴにおいて暗唱していた詩で[6]、英語圏では『When the Pawn...』と略されることも多い。発表当時は世界一長いアルバム・タイトルとされていたが、2007年にソウルワックスが100語以上のタイトルのアルバム『Most of the Remixes...』[7]を発表して、記録が破られた[8]

    背景[編集]

    前作『タイダル』にマルチプレイヤーとして参加したジョン・ブライオンがプロデュースした[9]。アップル自身の説明によれば、「知ってるの」は当時交際していたポール・トーマス・アンダーソンのために書かれた曲である[10]

    日本盤ボーナス・トラックのうち「アクロス・ザ・ユニヴァース」はビートルズのカヴァーで、1998年公開のアメリカ映画『カラー・オブ・ハート』のエンディング・テーマとして使用されていた[11]

    反響・評価[編集]

    アメリカのBillboard 200では13位、『ビルボード』のインターネット・アルバム・チャートでは1位に達し[1]、リリースの翌月の1999年12月にはRIAAによってゴールドディスクに認定された[12]第43回グラミー賞では、本作が最優秀オルタナティヴ・ミュージック・パフォーマンス賞にノミネートされ、「紙袋」が最優秀女性ロック・ボーカル・パフォーマンス賞にノミネートされた[13]

    イギリスでは自身初の全英アルバムチャート入りを果たし、46位に達した[4]。また、シングル「一刻一秒」は全英シングルチャートで33位に達した[14]

    Slant Magazineのスタッフが2011年に選出した「1990年代のベスト・アルバム」では79位にランク・イン[15]

    収録曲[編集]

    特記なき楽曲はフィオナ・アップル作。

    1. オン・ザ・バウンド - "On the Bound" - 5:23
    2. トゥ・ユア・ラヴ - "To Your Love" - 3:40
    3. 腰抜け - "Limp" - 3:31
    4. 囚われ - "Love Ridden" - 3:22
    5. 紙袋 - "Paper Bag" - 3:40
    6. ミステイク - "A Mistake" - 4:58
    7. 一刻一秒 - "Fast as You Can" - 4:40
    8. 今のままで - "The Way Things Are" - 4:17
    9. 役立たず - "Get Gone" - 4:08
    10. 知ってるの - "I Know" - 4:56

    日本盤ボーナス・トラック[編集]

    1. アクロス・ザ・ユニヴァース - "Across the Universe" (John Lennon, Paul McCartney) - 5:07
    2. ネヴァー・イズ・ア・プロミス - "Never Is a Promise (live)" - 6:12

    参加ミュージシャン[編集]

    脚注・出典[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ a b Fiona Apple | Awards | AllMusic
    2. ^ lescharts.com - Fiona Apple - When The Pawn Hits The Conflicts He Thinks Like A King…
    3. ^ ORICON STYLE
    4. ^ a b FIONA APPLE | Artist | Official Charts - 「Albums」をクリックすれば表示される
    5. ^ Offizielle Deutsche Charts
    6. ^ 日本盤CD(SRCS-2180)帯
    7. ^ ジャケットに記載された正式なタイトルは"Most of the remixes we've made for other people over the years except for the one for Einstürzende Neubauten because we lost it and a few we didn't think sounded good enough or just didn't fit in length-wise, but including some that are hard to find because either people forgot about them or simply because they haven't been released yet, a few we really love, one we think is just ok, some we did for free, some we did for money, some for ourselves without permission and some for friends as swaps but never on time and always at our studio in Ghent."
    8. ^ Fiona Apple's Bad, Bad Girl Moments - Her 90-Word Album Title | Rolling Stone - 2013年7月20日閲覧
    9. ^ Jon Brion | Credits | AllMusic
    10. ^ 日本盤CD(SRCS-2180)ライナーノーツ
    11. ^ 映画『カラー・オブ・ハート』エンディングテーマ? - CDJournal.comリサーチ
    12. ^ RIAA公式サイト内SEARCHABLE DATABASE - 引用符付きの"APPLE, FIONA"と入力して検索すれば表示される
    13. ^ Rock On The Net: 43rd Annual Grammy Awards - 2001
    14. ^ FIONA APPLE | Artist | Official Charts
    15. ^ Best Albums of the 1990s | Feature | Slant Magazine - Page 3 - 2013年7月20日閲覧