真寂法親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

真寂入道親王(しんじゃく にゅうどうしんのう、正字体:眞寂仁和2年(886年) - 延長5年9月10日927年10月13日))は、平安時代中期の皇族入道親王宇多天皇の第3皇子。母は橘義子出家前は斉世親王(ときよ しんのう、正字体:齊世)。三品兵部卿

寛平8年(896年)11歳の時に大学寮において講書初めが行われ、昌泰元年(898年)11月に元服した。その後兵部卿上総太守などを歴任した。しかし延喜元年(901年)、岳父の菅原道真が、斉世親王の兄である醍醐天皇から斉世親王に譲位させようとしたという嫌疑で九州大宰府に左遷される(昌泰の変)と、斉世親王は仁和寺に入って真寂と名乗った。その後は欣求修行につとめ7回の灌頂を受けたという。三品に叙された。

経歴[編集]

系図[編集]

 
(54)仁明天皇
 
(55)文徳天皇
 
(56)清和天皇
 
(57)陽成天皇
 
(源)清蔭陽成源氏へ〕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
惟喬親王
 
 
貞純親王
 
(源)経基清和源氏へ〕
 
 
 
 
 
(58)光孝天皇
 
(59)宇多天皇
 
(60)醍醐天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
人康親王
 
藤原基経
 
 
真寂法親王
(斉世親王)
 
 
 
 
 
敦実親王
 
(源)雅信宇多源氏へ〕
 
 


父母・妃・子女[編集]