真岡鐵道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
真岡鐵道株式会社
Moka Railway Co., Ltd.
真岡駅 駅舎.jpg
本社がある真岡駅 駅舎
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地

日本の旗 日本
321-4306
栃木県真岡市台町2474番地1

設立 1987年10月20日[1]
業種 陸運業
法人番号 8060001009481 ウィキデータを編集
事業内容 鉄道事業、旅行業、広告業他
代表者 代表取締役社長 石坂真一
資本金 2億5000万円
(2019年3月31日現在[2]
発行済株式総数 5000株
(2019年3月31日現在[2]
売上高 3億6970万円
(2019年3月期[2]
営業利益 △1億6014万2000円
(2019年3月期[2]
純利益 △4011万9000円
(2019年3月期[2]
純資産 1億6156万5000円
(2019年3月31日現在[2]
総資産 4億1595万6000円
(2019年3月31日現在[2]
従業員数 50人
(2018年3月31日現在[3]
決算期 3月31日
主要株主 栃木県 22.40%
真岡市 13.40%
筑西市 7.60%
足利銀行 4.80%
常陽銀行 4.00%
(2019年3月31日現在[4]
外部リンク www.moka-railway.co.jp/
テンプレートを表示

真岡鐵道株式会社(もおかてつどう)は、栃木県および茨城県で旧日本国有鉄道(国鉄)特定地方交通線を転換した鉄道路線真岡線を運営する第三セクター鉄道会社である。栃木県と沿線自治体などが出資している。

歴史[編集]

路線としての歴史は「真岡鐵道真岡線」の項を参照。

路線[編集]

車両[編集]

沿線自治体で組織する芳賀地区広域行政事務組合下館市(現・筑西市)の委託を受け、1994年平成6年)3月27日から蒸気機関車牽引列車(SL列車)として「SLもおか」の運転を行っており、蒸気機関車 (SL) を保有している。

現有車両[編集]

過去の在籍車両[編集]

  • 気動車
  • SL
    • C11 325 - 新潟県北蒲原郡水原町(すいばらまち。現・阿賀野市)の町立水原中学校構内に保存されていたC11形である[7]。自社線内の運転に充当される場合もあるが、行楽時期にJR東日本に貸し出される場合があり、只見線磐越東線で運転の実績がある[7]。この車両は1946年(昭和21年)に製造されたが、2006年(平成18年)で還暦を迎えたので、同年12月9日から11日まで赤いプレートを装着した上で運用に就いた。現在は通常の黒のプレートに戻されている。2018年(平成30年)、維持費確保が困難になったため、運行を中止することが決まり、2019年(平成31年)3月に東武鉄道へ売却される見通しになり[8][9][10]、2019年(令和元年)12月1日のラストランを最後に真岡鐵道での運転を終了した[11]2020年(令和2年)7月30日に東武鉄道に譲渡された[12]
  • ディーゼル機関車

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄』21号 3頁
  2. ^ a b c d e f g 平成30年度決算公告 - 真岡鐵道
  3. ^ 鉄道統計年報平成29年度版 - 国土交通省
  4. ^ 国土交通省鉄道局監修『鉄道要覧』令和元年度版、電気車研究会・鉄道図書刊行会
  5. ^ a b c 『歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄』21号 19頁
  6. ^ 枕木のオーナー制度開始 真岡鉄道」 - 栃木放送(2019年8月8日)2019年8月22日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l 『歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄』21号 31頁
  8. ^ 真岡線SL 1両に削減へ 6市町の運行協 経費増で維持困難、譲渡検討:栃木 - 東京新聞、2019年3月13日
  9. ^ 真岡鐵道のSL 1億2000万円で東武鉄道に譲渡へ - NHK NEWS WEB、2019年3月26日
  10. ^ 東武鉄道が1億2000万円で「SL」落札!? どうして今SLに力を入れるの?”. FNN.jpプライムオンライン. 2019年6月8日閲覧。
  11. ^ 真岡鐵道でC11 325がラストラン - 鉄道ファン・railf.jp 鉄道ニュース、2019年12月2日
  12. ^ “真岡鐵道で運行していたSL(C11形325号機)を2020年7月30日に譲受します! 〜SLの譲受に合わせDLと客車の体制も整え2機体制を確保し、乗車機会をさらに提供します〜” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東武鉄道, (2020年7月20日), オリジナルの2020年7月20日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200720083600/https://www.tobu.co.jp/cms-pdf/releases/20200720120934fYUWPllo2KeWvQVUiEdU5g.pdf 2020年7月20日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄』21号 関東鉄道・真岡鐵道・首都圏新都市鉄道・流鉄、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2011年8月7日。