真柄直澄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
 
真柄直澄
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 元亀元年6月28日1570年8月9日
別名 通称:十郎左衛門
主君 朝倉氏
氏族 真柄氏
兄弟 直隆直澄

真柄 直澄(まがら なおすみ)は、戦国時代武将朝倉氏の家臣。

兄・真柄直隆と同じく五尺三寸(約175センチ)の大太刀を振るう猛将といわれ、実戦で使用したかどうかは定かではないが、越前国に滞在していた足利義昭に、九尺五寸(288cm)の巨大な刀[1]を披露した事があるという。

元亀元年(1570年)の姉川の戦いでは、織田徳川連合軍を相手に奮戦するも兄の直隆と共に討ち死にしたといわれる。

直澄が姉川で使用した太刀は、「熱田神宮宝物館」に現存する。

その他[編集]

「十郎左衛門」という名と実戦で使用していた巨大な太刀(五尺三寸(約175センチ))の大きさが兄の直隆と同じである事から、この二人は同一人物ではないかという説もある。

脚注[編集]

  1. ^ 斬馬刀の類といわれるが、詳細不明。