真猿型下目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
真猿型下目
ゲラダヒヒ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: サル目(霊長目) Primates
亜目 : 直鼻亜目 Haplorrhini
下目 : 真猿型下目 Simiiformes
学名
Simiiformes Haeckel1866[1]
和名
真猿下目[2]
真猿型下目[3]
英名
simian
小目

真猿型下目 Simiiformes(しんえんけいかもく)は哺乳綱サル目の一群。真猿下目真猿類とも呼ばれる。ニホンザル、オランウータン、そしてヒトなどが含まれる。かつては原猿亜目に対して真猿亜目 Anthropoidea(しんえんあもく)と呼ばれていたが、側系統であった原猿亜目が曲鼻亜目(曲鼻猿類)Strepsirrhiniおよびメガネザル型下目 Tarsiiformesに解体されるとともに降格され、下目の階級に置かれるようになった。

和名の「真猿」はかつて使われた学名Simiaeに由来する[4]原猿類に比べ、より「サルらしいサル」である。原猿類では夜行性の種が多いが、真猿類は一部(ヨザル類)を除き、すべて昼行性の種である。

真猿類は、広鼻小目(広鼻類)と狭鼻小目(狭鼻類)に大きく二分される。広鼻類は中南米にすむサルで、鼻の穴の間隔が広く、穴は外側に向いている。広鼻猿、新世界ザルとも呼ばれる。クモザル、オマキザルなどが広鼻小目に属する。狭鼻類はアジアアフリカにすむサルで、鼻の穴の間隔が狭く、穴は下方またはやや前方を向いている。マントヒヒニホンザルなどの狭鼻猿(旧世界ザル、オナガザル上科)およびヒトを含む類人猿(ヒト上科)が狭鼻小目に属する。

直鼻亜目は、メガネザル型下目と真猿型下目に分岐した。この分岐の際に真猿型下目のX染色体に位置する錐体視物質に関連した色覚多型が顕著になり、ヘテロ接合体の2本のX染色体を持つメスに限定した3色型色覚の再獲得につながり、さらに狭鼻下目のオスを含めた種全体の3色型色覚の再獲得へとつながる[5][信頼性要検証]

分類[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Colin P. Groves (2005). “Order Primates”. In Don E. Wilson & DeeAnn M. Reeder (eds.). Mammal Species of the World: A Taxonomic and Geographic Reference (3rd ed.). Johns Hopkins University Press. pp. 111-184. http://www.departments.bucknell.edu/biology/resources/msw3/browse.asp?id=12100177. 
  2. ^ 日本モンキーセンター霊長類和名編纂ワーキンググループ (2018年12月16日). “日本モンキーセンター 霊長類和名リスト 2018年11月版 (PDF)”. 2020年1月21日閲覧。
  3. ^ 川田伸一郎・岩佐真宏・福井大・新宅勇太・天野雅男・下稲葉さやか・樽創・姉崎智子・横畑泰志「世界哺乳類標準和名目録」『哺乳類科学』第58巻 別冊、日本哺乳類学会、2018年、1-53頁。
  4. ^ 岩本光雄「サルの分類名(その5:オマキザル科)」『霊長類研究』第4巻 1号、日本霊長類学会、1988年、83-93頁。
  5. ^ 三上章允霊長類の色覚と進化2004年9月18日。 京都大学霊長類研究所 東京公開講座「遺伝子から社会まで」のレジュメ