真田ナオキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
真田 ナオキ
生誕 (1989-12-22) 1989年12月22日(31歳)[1]
出身地 日本の旗 日本埼玉県さいたま市[1]
ジャンル 演歌
職業 演歌歌手
担当楽器 ボーカル
活動期間 2016年 -
レーベル 夢レコード(2016年 - 2019年)
テイチクレコード(2019年 - )
事務所 テイクオフ
公式サイト 所属事務所による公式サイト

真田 ナオキ(さなだ なおき、1989年12月22日[1] - )は、日本の男性演歌歌手血液型はO型[1]

来歴[編集]

小学校1年から中学生頃まで少年野球をしていたが小学5年の頃、日本代表に選ばれた直後に靭帯を傷めてしまい中学生頃には遠投もなかなかできないくらいになっていた。 野球を諦めたあと、ゴルフボクシングなどをし、その後普通に働いていたが、東日本大震災の時にテレビでまだデビュー前の臼澤みさきの歌声を聴いて、歌の力を実感し、知人の紹介で出会った吉幾三に師事した。

2016年4月、シングルCD『れい子』で夢レコードからデビュー[2]

2019年6月にテイチクレコードに移籍。2020年1月に移籍後初となるシングル『恵比寿』を発売、オリコン演歌歌謡曲ランキング初登場1位を飾る[1]

人物[編集]

  • 趣味:野球、競走馬観覧[3]
  • 民謡を習い始めた時、特徴なく細い声と音程もとれなかった為、先生に「君は歌の才能がない」と言われ、「声に《色》をつけよう」と思い、ひたすら海辺で叫び、唐辛子を食べ、日本酒うがいをし喉をつぶし始めた。[4]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル オリコン
最高位
規格品番 形態(販売形態)
夢レコード
1st 2016年4月27日 れい子 85位 YZYM-15030 CD(マキシシングル
2nd 2017年6月28日 別れの夜明け 57位 YZYM-15053
3rd 2018年9月12日 酔いのブルース 28位 YZYM-15073
2019年3月27日 酔いのブルース(リミックス・リマスターバージョン) 85位 YZYM-15080
テイチクレコード
4th 2020年1月22日 恵比寿 17位 TECA-20005 西口盤(CD)
TECA-20006 東口盤(CD)
2020年3月4日 TECA-20016 DVD付(CD+DVD)
2020年10月21日 TECA-20058 殿しんがり盤(CD)
5th 2021年2月17日 本気マジで惚れた 6位 TECA-21009 マジ盤(CD)
TECA-21010 惚れた盤(CD)
TECA-21011 DVD付き(CD+DVD)

アルバム[編集]

発売日 タイトル オリコン
最高位
規格品番 形態(販売形態)
夢レコード
1st 2018年4月25日 メイド イン ナオキ YZYM-5002 CD

映像作品[編集]

発売日 タイトル オリコン
最高位
規格品番 形態(販売形態)
夢レコード
1st 2019年3月27日 真田ナオキ ミュージッククリップ集 87位 YZYM-1001 DVD

その他[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

  • USEN C42元気はつらつ歌謡曲「真田ナオキのUSEN渋声横丁」(2020年4月 - )
  • 歌謡曲主義・26時の歌謡曲(2020年4月 - 、東海ラジオ

受賞歴[編集]

時期 作品
2020年 第62回日本レコード大賞 最優秀新人賞受賞 「恵比寿」

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 真田ナオキ - TAKE OFF”. TAKE OFF. 2020年12月31日閲覧。
  2. ^ 元球児が志す歌の道~真田ナオキ×木川尚紀対談~”. ORICON MUSIC (2019年10月25日). 2020年12月31日閲覧。
  3. ^ 真田ナオキ PROFILE”. TEICHIKU RECORDS. 2020年12月31日閲覧。
  4. ^ 日本レコード大賞・最優秀新人賞受賞! 真田ナオキ「君は歌の才能がない」――悩んだ末に選んだ道は”. 婦人公論.jp (2020年9月4日). 2020年12月31日閲覧。
スタッフ関連ページ