真田志ん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

真田 志ん(さなだ しん、1883年(明治16年)11月23日 - 1975年(昭和50年)11月27日)は、八橋流箏曲伝承者。

経歴[ソースを編集]

人物・逸話[ソースを編集]

  • 松代における八橋流は幕末に真田幸貫が藩士に銘じて譜本を作らせ、真田勘解由家が三冊を伝承していた。
  • 夫は五明亘。婿養子として真田姓となる。
  • 祖母の由婦とその妹横田亀代(横田秀雄小松謙次郎和田英の母)から八橋流箏曲を学んだ。
  • 娘の叔子に伝承されたが、叔子の死去により八橋流宗家は消滅した。

出典[ソースを編集]