この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

真田秀夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

真田 秀夫(さなだ ひでお、1918年大正7年)[1] - 1981年昭和56年)1月10日[2])は、日本法制官僚裁判官弁護士[2]内閣法制局長官

経歴

福井市出身。弁護士・真田一夫、政乃夫妻の七男として生まれた。福井県立福井中学校第三高等学校を卒業。大学在学中に文官高等試験司法科試験に合格。京都帝国大学法学部を卒業。1942年東京地方裁判所判事に任官[1][2]

1947年法制局に転じ、第二部長、第一部長、内閣法制次長などを歴任。1976年7月から1979年11月まで、三木内閣福田赳夫内閣第1次大平内閣の内閣法制局長官を務めた[1]。退官後、1981年に病のため死去[2]

法制局在職中に医務薬事法関係を担当し、その研究成果「判例にあらわれた『医業』の観念について」により1961年順天堂大学から医学博士号を授与された[1]

親族

  • 兄 真田幸雄(弁護士)[1]

脚注

  1. ^ a b c d e 『福井県大百科事典』379頁。
  2. ^ a b c d 『現代物故者事典 1980~1982』152頁。

参考文献

  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 『現代物故者事典 1980~1982』日外アソシエーツ、1983年。
  • 『福井県大百科事典』福井新聞社、1991年。

関連事項