真白の恋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
真白の恋
監督 坂本欣弘
脚本 北川亜矢子
原作 北川亜矢子
製作 坂本欣弘
北川亜矢子
製作総指揮 松下康平
出演者 佐藤みゆき
岩井堂聖子
福地祐介
山口詩史
杉浦文紀
及川奈央
村上剛基
深川格
内田もも香
長谷川初範
音楽 未知瑠
主題歌 山形麻美「真白の恋」
撮影 山田笑子
制作会社 sagan pictures
配給 エレファントハウス
公開 2017年2月25日
上映時間 97分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

真白の恋』(ましろのこい)は、日本の映画作品。富山県出身の新人監督・坂本欣弘が2014年春より制作を開始し、出身地である富山県で「日本のヴェニス」と呼ばれる射水市新湊内川を中心にオール富山県ロケで撮影を行い、3年をかけて2017年2月11日に撮影地の富山県で先行公開。同年2月25日アップリンク渋谷より順次全国公開。キャッチコピーは「恋をした真白は、"普通"の女の子でした。」[1][2][3][4][5]

あらすじ[編集]

渋谷真白は、生まれてからこれまで、家族と共に富山県射水市の新湊内川地区で暮らしている。

見た目にはそれとわからないが、真白には、ごく軽度の知的障がいがある。

日常生活に支障はなく、現在は父の営む自転車店の店番をしたり、飼い犬の世話をしたりと、元気に暮らしている。

ある日、兄の結婚式で神社を訪れた真白は、東京からやって来たフリーカメラマン油井景一と出会い、彼に恋心を抱く。[1][2]

登場人物[編集]

渋谷 真白
演 - 佐藤みゆき
富山県射水市の新湊内川地区に両親と同居している女の子。ごく軽度の知的障がいがある。
渋谷 雪菜
演 - 岩井堂聖子
真白のいとこ。真白の隣の家に住んでいて、近くのヘアーサロンで働いている。
油井 景一
演 - 福地祐介
東京から仕事で富山にやって来たカメラマン。
渋谷 夏江
演 - 山口詩史
真白の母。
渋谷 連
演 - 杉浦文紀
真白の兄。漁師をしている。
渋谷 美咲
演 - 及川奈央
真白の兄の結婚相手。
(クガヤマ巡査)
演 - 村上剛基
(アミヤ写真館の店主)
演 - 深川格
新井 みずき
演 - 内田もも香
富山県観光課の職員。
渋谷 晴臣
演 - 長谷川初範
真白の父。しぶやサイクルの店主。

[1][3]

スタッフ[編集]

  • 監督 - 坂本欣弘
  • 原作・脚本 - 北川亜矢子
  • 企画制作 - 坂本欣弘、北川亜矢子
  • 製作総指揮 - 松下康平
  • エグゼクティブプロデューサー - 松尾直樹
  • 協賛プロデューサー - 坂丸弓乃
  • プロデューサー - 深川格、増田英明
  • 音楽 - 未知瑠
  • 主題歌 - 山形麻美「真白の恋」(作詞:北川亜矢子、作曲・編曲:未知瑠)
  • 撮影 - 山田笑子
  • 制作プロダクション - sagan pictures
  • 配給 - エレファントハウス

[1]

備考[編集]

脚本家の北川は自分の弟がヒロインと同じ軽度の知的障がいを持つことから着想を得たという。[4][6]

映画祭出品[編集]

[1]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 公式HP
  2. ^ a b Moviewalker
  3. ^ a b [映画『真白の恋』ロケ地マップ]
  4. ^ a b 『真白の恋』公開記念特番
  5. ^ “新人・坂本欣弘監督、3年かけたデビュー作「真白の恋」公開に万感「ようやくここまで来られた」”. 映画.com. (2017年2月25日). http://eiga.com/news/20170225/14/ 2018年4月13日閲覧。 
  6. ^ CINEMA Life!『真白の恋』佐藤みゆき 単独インタビュー
  7. ^ “第4回なら国際映画祭、コンペ最高賞はイラン映画 ホスピタリティに国内外ゲストが感激”. 映画.com. (2016年9月22日). http://eiga.com/news/20160922/15/ 2018年4月13日閲覧。 
  8. ^ 福井映画祭11TH受賞結果を発表いたします!”. 福井映画祭公式サイト (2017年2月13日). 2018年4月13日閲覧。
  9. ^ “第32回高崎映画祭最優秀作品賞は阪本順治監督「エルネスト」に決定”. 映画.com. (2017年12月21日). http://eiga.com/news/20171221/12/ 2018年4月13日閲覧。 

関連項目[編集]