真聡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

真聡(まさと)は、パソコンアダルトゲームのブランドであるBasiL及びNavelの作品に登場する常連端役であり、1ゲームに1回必ずあるお披露目イベント(ヒロインがスカートをめくられる)の主役である。

概要[編集]

Bless 〜close your eyes, open your mind.〜』で初登場。以後、BasiL、Navel、さらにNavelの姉妹ブランドであるLimeにおけるすべての作品に登場する。そのため、作品によってキャラクターデザイン、声優は異なる。

年齢は6歳程度の男の子。主人公のそばにいるヒロインの後ろに忍び寄り、「おねえちゃん」と声をかけた後、スカートを思い切り捲る。彼に捲られるヒロインのパンツ(下着)は、いつも横縞の縞々模様である。またきれいな女性はすべて縞々のパンツを穿いているという考えの持ち主である。 『俺たちに翼はない AfterStory』で真稔(まさとし)という弟がいることが明らかになった。

真聡はヒロインに「おねえちゃん、しましまだね」と声をかけ、パニック状態になったヒロインが「やめて」と懇願しても、「やだ」と拒否する。主人公が助けようとしたときになって母親が気づき、真聡のことを怒るが、彼は「だっておねえちゃん、きれいなんだもん」と悪びれる様子を見せない。母親はヒロインに謝り、二度としないように叱ると言うが、ヒロインはあまり叱らないでやってほしいと声をかける(ただし例外もある)。

この後のヒロインと主人公とのやり取りは様々であるが、BasiL作品では、ヒロインが恥ずかしそうに主人公に「見た?」と問いかける。主人公が「白地にピンクのストライプなんてまったく知りま……」と答えた瞬間、ヒロインは思い切りにらみつける。おびえた主人公は「なにも見ていない」を言い張り、ヒロインも「そうだよね」と返事をして去っていく。

BasiL作品では、声をかけられてから主人公の元をヒロインが去るまで、細かい言い回しを除き、やり取りや台詞は全く同一である。

BasiL作品ではいずれもまさとと平仮名表記であり、Navelの処女作である『SHUFFLE!』より漢字表記となった。しかし『Bless』では1箇所だけ、漢字で表記されている箇所がある。

初期の頃、お披露目イベントのヒロインはアルバイトをしているという縛りがあった[1]が、後にそれはなくなっている。

時代、舞台、種族を問わずに登場するため、『俺たちに翼はない』では「多元世界の無邪気な旅人」、『Maximum Magic』では「エターナル・チャンピオン」・「ネーブルライムのゲームにおける真の主人公」と名付けられている。

登場作品[編集]

初登場作品。喫茶店「ラ・パルティータ」で働いているウェイトレス観月華蓮が、主人公である仲原秀晃の目の前で捲られる。このときのパンツは白地にピンクのストライプ。
キャラクターデザインは西又葵
おまけシナリオ内において、総合病院内のカフェで働いているウェイトレス狭川翠が、主人公である霧島拓哉の目の前で捲られる。このときのパンツは白地にピンクのストライプ。
キャラクターデザインは西又葵。
初めて音声が付いた。甘味屋「なが沢」でウェイトレスのアルバイトをしている星崎希望が、主人公である桜井舞人の目の前で捲られる。このときのパンツは白地にピンクのストライプ。
キャラクターデザインは西又葵。声優は不明。
Navelでは初登場。喫茶店「フローラ」でウェイトレスのアルバイトをしているカレハが、主人公である土見稟の目の前で捲られる。このときのパンツは白地にピンクのストライプ。過去の作品とは、ヒロインとのやり取りや母親の台詞が若干異なっている。主人公とは結ばれないサブヒロインが捲られたのは初めて。
キャラクターデザインは鈴平ひろ。声優は不明。
PS2版である『SHUFFLE! ON THE STAGE』にも登場しているが、CEROレーティングの関係で、CGにパンツは描かれていない。
アニメ版にも登場。表記はマサトと片仮名。声優は後藤邑子
西暦2045年秋の宇宙ステーション「アリエス」にいる民間人として登場。コーヒーを載せたトレイを運んでいた森崎七央が、相澤涼太の目の前で捲られる。このときのパンツは白地にピンクのストライプ。主人公がいない場面で捲られた初めてのケース(捲られたのは第1章であり、主人公は相澤秀平である)。
キャラクターデザインは鈴平ひろ。声優は星野みく。
PS2版である『Soul Link EXTENSION』にも登場しているが、CEROレーティングの関係で、CGにパンツは描かれていない。
アニメ版にも登場。声優は土谷麻貴
20年前の魔界が舞台であるため、耳が伸びた魔族マ=サトとして登場。湖畔へ遊びに来ていたサイネリアが、土見稟の目の前で捲られる。このときのパンツは白地にブルーのストライプ。いつまでもスカートを離さないマ=サトに対し、サイネリアは怒りを爆発させる。スカートを捲った相手に怒られた初めてのケース。また、ストライプの色がピンクでなかった初めてのケース。
キャラクターデザインは鈴平ひろ。声優は不明。
買い物帰りの時雨亜麻が、土見稟の目の前で捲られる。このときのパンツは白地に水色のストライプ。おねーちゃんと声をかけたのにおばさんですよと返されたため、首をひねっていた。
キャラクターデザインは鈴平ひろ。声優は不明。
なお同作品では、光陽学園付属時代の稟の同級生で「まさと」という子供の名前が出てくる。
主人公の案内役であり、ネーブルガールズの見習いでもあるポンカンが子供たちと遊んでいる途中、主人公の目の前で捲られる。このときのパンツは白地にピンクのストライプ。スカートを捲られてから、主人公をにらみつけて忘れさせるまでの、BasiL作品で繰り広げられたやり取りが復活した。
キャラクターデザインは西又葵。声優は不明。
Limeでは初登場。主人公筑波那岐とのデートの途中で白山菊理が捲られる。このときのパンツは白地にブルーのストライプ。セーブタイトルは「待ちに待ってたこいつの出番」である。
キャラクターデザインはあきら。声優は不明。
「ある日の狩男」シナリオ内で、洋食レストラン「アレキサンダー」にコーヒー豆を買いに来た羽田小鳩が捲られる。このときのパンツは白地にオレンジのストライプ。スカートが捲られたとき、真聡以外の男性が周囲にいなかった初めてのケース。また母親に殴られた初めてのケース。
キャラクターデザインは西又葵。声優は籐野らん
洋食レストラン「アレキサンダー」で、ウェイトレスをしていた望月紀奈子が主人公千歳鷲介の目の前で捲られる。このときのパンツは苺模様で縞々ではなかったため、真聡は捲ったスカートを握ったまま「しましまじゃない」と泣き叫んでいた。また、初めてエンドクレジットに名前が出た。
キャラクターデザインは西又葵。声優は籐野らん。
テミスルート終盤リズヴァーン中央公園で、キスをした後にうっとりと惚けていたテミス・ベードが主人公ジード・ハマルの目の前で捲られる。このときのパンツは白地に青のストライプ。作品内のファンタジーな設定にあわせて名前が変わることはなく真聡のまま登場となった。
お約束台詞の「子供の他愛ないイタズラですので〜」は、捲られたテミスがテンパっていたためジードから発せられた。
今回は武勇伝が明かされ、『Soul Link』では主人公たちがちいさなスペースステーション(アリエス)で戦っている最中、表で戦艦四隻を沈める大活躍だったとか。
キャラクターデザインはあきら。声優は不明。
「その後のヨージ」シナリオ内で、洋食レストラン「アレキサンダー」に来店した高内昌子がヨージの前で捲られる。このときは白地に青のストライプ。「聖なる日の狩男」シナリオ内でも、しましまパンツの気配を感じ取って登場するが、このときはしましまパンツをはいている人(美咲と思われる)がいなかったため、未遂で終わっている。
さらに弟である真稔(まさとし)も登場。「聖なる日の狩男」シナリオ内で真聡が退場した後、洋食レストラン「アレキサンダー」に林田美咲に連れられて来店した高内昌子が捲られる。このときのパンツは黒のレースつき。真稔は真聡と違ってしましまでないパンツを喜ぶ傾向にあるようで、黒レースをはいていた高内に対して「わーいわーい、しましまじゃないパンツ〜」と喜びを表している。
スカートを捲った真稔はその後高内から反撃を、真聡は母親から一撃を受けている。
キャラクターデザインは西又葵。 声優は真聡、真稔ともに籐野らん。
海岸で服部征人と話をしていた古奈菜子が被害に遭う。今回はスカートではなく、菜子は穿いていたジャージをずり下ろされている。このときのパンツは白地にグリーンのストライプ。
キャラクターデザインは西又葵。 声優は籐野らん。
洋食レストラン「アレキサンダー」に客として来ていた林田美咲がスカートを捲られる。このときは白地に黄のストライプ。真聡は前々から狙っていたようで、ようやく捲ることができたとはしゃいでいた。
キャラクターデザインは西又葵。声優は籐野らん。

備考[編集]

  • 初登場である『Bless』のシナリオを務めたあごバリアの『Stellar☆Theater』(Rosebleu)では、ヒロインのスカートを下ろしてしまった「まさき」が登場する。このときのパンツは青地に白の水玉模様。被害者は姫ノ宮輝夜。
  • SHUFFLE! Love Rainbow』と『ぺたぺた』には、真聡は登場しない。

脚注[編集]

  1. ^ 『SHUFFLE!公式原画・設定資料集』、ソフトバンクパブリッシング、2004年、71頁。