真蔭流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
眞蔭流柔術
しんかげりゅうじゅうじゅつ
眞蔭流柔術.jpg
1938年の演武
発生国 日本の旗 日本
発生年 幕末
創始者 今泉八郎柳定斎定智
源流 天神真楊流
関口新心流、楠流拳法、荒木流
派生流派 鷲尾流神道六合流
主要技術 柔術、殺法、活法、乱捕捕縄術
伝承地 埼玉県鶴ヶ島市
テンプレートを表示

真蔭流(しんかげりゅう)とは、幕末幕臣今泉八郎[1] 柳定斎)が天神真楊流をもとに開いた柔術の流儀。

歴史[編集]

今泉八郎の養父・今泉智明(号 柳雲斎)は、関口新心流、楠流拳法、天神真楊流荒木流の4流の柔術を学んでいた。八郎は父より柔術を学び[2]、後に天神真楊流の家元・磯又右衛門柳関斎源正足に就いて柔術を学び、天神真楊流から真蔭流を開いた[3]

今泉八郎は下谷区同朋町一番地に演武館と称する道場を開いていた[4]

第5代の菅野久師範は大正9年宮城県に生まれる。 滝沢常三郎柳幹斎戸張喜兵衛柳振斎に師事し免許を得て道統を継いだ[5]。現在は菅野久師範から免許皆伝を受けた山田實師範が埼玉県で伝承している[6]

今泉八郎は明治39年2月2日に亡くなり、墓は東京都港区三田「長運寺」にある。

真蔭流の内容[編集]

源流の天神真楊流の技数は124手であったが、真蔭流では48手とコンパクトに纏め上げている。技そのものも、最初の段階では天神真楊流とほぼ同じ技もあるが、極意の段階では独自の内容となっている。

稽古方法については、明治以降に広まった講道館柔道式と同質の乱取り法を伝えている。このため、明治期に隆盛した。

下記の形以外に、捕縄術、急所、当身、活法、口伝などが伝わっている。

初段手解 六手
片手取 振解 逆手 逆指 小手返 両手捕
初段居捕 十手
居別捕 送襟絞 襟絞 小太刀捕 抜合 両手捕 小手返 片手胸取 折込 引立
中段立合 十手
行違 捨身投 腕搦 歸投 打手留 壁副捕 前立取 襟投 面蔭 鐘木
中段投捨 十二手
行違 引込 背負投 水月 折敷投 捨身投 片手胸取 両手捕 右腰投 後捕 襟投 巻落
極意上段 十手
大太刀捕 車返 鷲蹴返 肩車落 小太刀留 小太刀詰 帯引 捨身投 櫓落 大太刀留

系譜[編集]

例として一部の系譜を以下に示す。

  • 今泉八郎柳定斎定智(伊予松山の藩士)
    • 就中山内侯
    • 渥美爲亮
      • 佐藤信二郎
      • 瀧澤常三郎 柳幹斎
        • 瀧澤勇
          • 瀧澤雪恵
        • 瀧澤愛喜
        • 瀧澤三郎
        • 三上賢次郎
        • 菅野久
          • 山田實(鶴ヶ島弘武会
      • 並木光太郎
        • 並木忠太郎
      • 芦葉菫一
    • 今泉榮作(松本榮作)
    • 鷲尾春雄 柳風斎 (鷲尾流
    • 田中泰雄
    • 須永力一郎
    • 宮田要之助
    • 能美金之助[7]
    • 飯島本一
    • 江間俊一[8]
    • 高橋〆太郎[9]

関連書籍[編集]

  • 菅野久『実戦古武道 柔術入門』 愛隆堂 昭和54年4月1日発行。
  • 山田實『yawara―知られざる日本柔術の世界』 BABジャパン
  • 平上信行「武術秘伝書夢世界」 (『月刊秘伝』BABジャパン 平成20年11月1日発行 柔術家 松岡仙次郎 秘伝書 天之巻、地之巻 掲載)
  • 拳法教範図解 : 早縄活法
  • 東京百事便 p507
  • 柔術練習図解 早縄活法 一名警視拳法
  • 『江戸ッ子百話 上』 p133 昭和34年8月
  • 『別冊宝石』武芸もろもろ座談会 並木忠太郎(真蔭流柔術師範、向井流水法師範、講道館柔道六段)、杉野嘉雄(神道流師範)、清水隆次(神道夢想流杖術師範)
  • 『伊藤痴遊全集 續第十二卷 政界回顧録』

脚注[編集]

  1. ^ 江戸時代には「八郎」は通称では「定智」であったが、明治に入ると、今泉自身が「今泉八郎」と名乗っている。
  2. ^ 荒木流については今泉智明からではなく、大木蔵之進に学んだとする説もある。
  3. ^ 嘉永年間(1848年~1855年)に創始したとする説があるが、いつ頃真蔭流を名乗りはじめたか詳しいことは分かっていない。
  4. ^ 拳法教範図解 : 早縄活法
  5. ^ 菅野久『実戦古武道 柔術入門』
  6. ^ 山田實『yawara―知られざる日本柔術の世界』
  7. ^ 『江戸ッ子百話 上』
  8. ^ 『伊藤痴遊全集 續第十二卷 政界回顧録』
  9. ^ 『朝日新聞』1897年7月18日朝刊「三人相手に武勇を示す」

関連項目[編集]