真藤順丈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
真藤 順丈
(しんどう じゅんじょう)
誕生 1977年
日本の旗 東京
職業 小説家
最終学歴 文教大学文学部日本語日本文学科
活動期間 2008年 -
代表作 『墓頭』(2012年)
『宝島』(2018年)
主な受賞歴 ダ・ヴィンチ文学賞(2008年)
日本ホラー小説大賞(2008年)
電撃小説大賞銀賞(2008年)
ポプラ社小説大賞特別賞(2008年)
山田風太郎賞(2018年)
直木三十五賞(2019年)
デビュー作 『地図男』(2008年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

真藤 順丈(しんどう じゅんじょう、1977年 - )は、日本小説家

2008年から2009年にかけて、4つの新人賞を相次いで受賞しデビューした。受賞したのは、刊行順にダ・ヴィンチ文学賞大賞(『地図男』)、日本ホラー小説大賞大賞(『庵堂三兄弟の聖職』)、電撃小説大賞銀賞(『東京ヴァンパイア・ファイナンス』)、ポプラ社小説大賞特別賞(『RANK』)。 2018年に『宝島』で山田風太郎賞、2019年には同作で第160回直木三十五賞を受賞。

人物[編集]

学生時代、自主映画やウェブコンテンツを製作する創作集団を結成。映画監督を志して映像関係の仕事にたずさわり、そのかたわらで小説の執筆も始める。のちに小説に専念し、長編短編あわせて10作ほどを投稿するがことごとく落選。 30歳になって一念発起、一年間で毎月一作を各新人賞に応募して、すべて駄目なら小説家の道はあきらめると決める。生活を切りつめて執筆に臨み、純文学系からライトノベルまで様々なジャンルの作品を投稿して、四作が受賞[1][2]。2008年にNHK「おはよう日本[3]やTBS「王様のブランチ[4]などで特集が組まれる。

ホラーミステリ、幻想怪奇、SF、アウトロー小説といったジャンルにとらわれない幅広い作品を発表。ホラー大賞受賞の選評で、高橋克彦は「異常な状況に、笑いや人の心の温かさを加味する才能」を評価している[5]。また、平山夢明は「〈魂の救済〉をテーマとし、物語の〈極限〉を提示しようとしている」と評している[6]

2009年からは、WOWOWノンフィクションW」にナビゲーターとしてゲスト出演したり[7]、映画『眼球遊園〈大日本ノックアウトガール〉』に彫り師役として出演するなど、活動の幅をひろげている。

近代文学では安部公房三島由紀夫を愛好する。現代の作家では平山夢明村上春樹村上龍貴志祐介などを挙げている[8]

受賞歴[編集]

「地図男」で第3回ダ・ヴィンチ文学賞大賞受賞
「庵堂三兄弟の聖職」で第15回日本ホラー小説大賞大賞受賞
「東京ヴァンパイア・ファイナンス」で第15回電撃小説大賞銀賞受賞
「RANK」で第3回ポプラ社小説大賞特別賞受賞
『宝島』で第9回山田風太郎賞受賞
『宝島』で第160回直木三十五賞受賞

作品リスト[編集]

小説[編集]

  • 地図男 (2008年9月、メディアファクトリー/2011年2月、MF文庫ダ・ヴィンチ/2019年3月、角川文庫
  • 庵堂三兄弟の聖職 (2008年10月、角川書店/2010年8月、角川ホラー文庫
  • 東京ヴァンパイア・ファイナンス (2009年2月、電撃文庫
  • RANK (2009年5月、ポプラ社/2011年12月、ポプラ文庫
  • バイブルDX(2010年3月、メディアファクトリー
  • 畦と銃 (2011年7月、講談社/2014年4月、講談社文庫
    • 収録作品:拳銃と農夫/第二次間伐戦争/ガウチョ防衛線/あぜやぶり・リターンズ
  • 墓頭(2012年12月、角川書店/2015年10月、角川文庫
  • 七日じゃ映画は撮れません(2014年3月、実業之日本社/2018年12月、実業之日本社文庫
    • 収録作品:天国の真下で/ODコネクション/魔弾の射手/声と鼓膜のあわい/蜃気楼のドレス/THE BANDIT WORKS/太陽のまがいもの/映像特典/プロデューサーと災禍の歴史/アンダーヘブン撮影記/それでは映画の時間です (※短編+長編の連作形式)
  • しるしなきもの(2015年1月、幻冬舎
  • 黄昏旅団(2015年4月、文藝春秋/2019年4月、文春文庫
  • 夜の淵をひと廻り(2016年1月、KADOKAWA/2018年11月、角川文庫
    • 収録作品:蟻塚/優しい夜の紳士/着飾るヴィジランテ/笛吹き男はそこにいる/悪の家/新生/ぼくは猿の王子さま/スターテイル/夜の淵をひと廻り
  • 宝島(2018年6月、講談社

オリジナルノベライズ[編集]

奥浩哉GANTZ」を基にしたオリジナルノベライズ。原案/構成・平山夢明

アンソロジー参加作品[編集]

  • ボルヘスハウス909(「異形コレクション/怪物團」2009年8月)
  • 終末芸人(「異形コレクション/喜劇綺劇」2009年12月)
  • 餓え(「異形コレクション/憑依」2010年5月)
  • CLASSIC(「異形コレクション/Fの肖像 フランケンシュタインの幻想たち」2010年9月)
  • 十億年浴場(「邪神宮 闇に囁くものたちの肖像」2011年4月)
  • 長い呪い(「怪談実話 FKB話 饗宴」2011年5月)
  • 夜のひと群れ(「怪談実話系6」2011年6月)
  • 異文字(「異形コレクション/物語のルミナリエ」2011年12月)
  • クライクライ(「読楽」2014年9月号/「憑きびと」2016年2月)

単行本未収録・未刊行作品[編集]

連載[編集]

  • 塔の国(「ミステリーズ!」vol.93(2019年2月)〜)
  • ビヘイビア(「文芸カドカワ」(2019年7月)〜)

連載終了後未刊行[編集]

  • ゴッドブレス(「小説トリッパー」2010年秋季号〜)
  • オメガ・スポーツ(「小説すばる」2012年9月号〜)
  • 銀の夜は人にあらず(「小説宝石」2013年4月号〜)

短編[編集]

上記二作は「庵堂三兄弟の聖職」のスピンオフ作品

  古典落語「死神」の翻案

  • 一九三九年の帝国ホテル(「IN★POCKET」2018年5月号)
  • 笑いの世紀(「小説宝石」2019年4月号)
  • レディ・フォックス(「小説宝石」2019年7月号)

出典[編集]

  1. ^ 小説現代』2008年9月号
  2. ^ ダ・ヴィンチ』2008年10月号
  3. ^ 2008年9月28日放送
  4. ^ 2008年10月25日放送
  5. ^ 野性時代』2008年7月号
  6. ^ 『庵堂三兄弟の聖職』文庫版解説
  7. ^ 2010年9月20日放送「MAPS 地図裏の冒険者たち」
  8. ^ BookJapan