真蛇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:般若との違いがわかる画像の画像提供をお願いします。2015年10月

真蛇(しんじゃ)とは能面の一種。

般若(はんにゃ)」と呼ばれる女のの面の中でも、もっとも罪業深く、ほとんどになってしまった面を真蛇(しんじゃ)と呼ぶ。嫉妬のあまり、顔がほとんど蛇と化し、耳は取れ、口は耳まで裂け、舌が覗き、牙も長く、髪もほとんどなくなるとされている。なお、角の生えているものはすべて女性の鬼で、男性には生えない。

その他[編集]

  • 女が角を持った蛇と化す怪異話は、『吾妻鏡』にも記述されており、文応元年(1260年)10月15日条には、「北条政村の女が邪気を病んだが、これは比企能員の女である讃岐局(さぬきのつぼね)の霊が祟りをなしたゆえであった。局は大蛇となり、頂(いただ)きに大きな角がある。女は火炎の如く、常に苦を受ける。当時、比企谷(ひきがやつ)の土中にいて、言を発した。これを聞いた人は身の毛もよだつと言った」。11月27日条に至り、「夜に供養の儀があり、説法の最中、件の姫君、悩乱し、舌を出し、唇をなめ、身を動かし、足を伸ばした。ひとえに蛇身が出現した時と似ている。加持が行われた後、言をやめ、眠るが如く、復本したという」。この事からも、真蛇に類した話は、少なくとも13世紀中頃末には確認できる。

関連項目[編集]