真鍋康彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

真鍋 康彦(まなべ やすひこ、1938年1月30日 - )は、日本実業家香川県を本拠とすることでんグループ代表で、同グループ傘下のほとんどの会社(高松琴平電気鉄道ことでんバスことでんサービス屋島ドライブウェイ、高松グランドカントリー他)の社長を務めていた、現在は会長。香川日産自動車相談役。アイル・パートナーズ(旧サンクスアンドアソシエイツ東四国)相談役。 元香川経済同友会代表幹事。元香川県経営者協会会長。

経歴[編集]

香川県高松市に生まれ。1962年香川大学経済学部を卒業し日興証券入社[1][2][3]。父親の後を受けて香川日産自動車の社長、会長を歴任。その後、サンクスアンドアソシエイツ東四国の経営を経て2002年、前年に民事再生法適用を申請した高松琴平電気鉄道[4]から社長就任を要請され、「地域社会への使命感」から受諾した[3]。真鍋は社長就任後の同年8月に経営ビジョン「ことでん一〇〇(イチマルマル)プラン」を発表して再建に取り組んだ[5]。この中で真鍋は新たなCI制定や略称の変更(カタカナからひらがなへ)も明らかにした。IruCaの導入による乗客減少の歯止めなどもあり、2006年にことでんは再生計画を完了している。

妻で真鍋洋子は国際ゾンタ26地区ガバナー、元大塚製薬会長兼社長大塚芳満の長女[6]。長男真鍋康正は高松琴平電鉄社長[7]

脚注[編集]

先代:
千田穣一
高松琴平電鉄社長
2002年 - 2014年
次代:
真鍋康正
先代:
(2001年より空席)
高松琴平電鉄会長
2014年 -
次代:
(現職)