真風涼帆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
まかぜ すずほ
真風 涼帆
生年月日 7月18日
出生地 熊本県菊池郡
身長 175cm
血液型 B型
職業 舞台俳優
ジャンル 舞台宝塚歌劇団
活動期間 2006年 -
活動内容 2006年:宝塚歌劇団入団、星組配属
2015年:宙組へ異動
2017年:宙組トップスター就任
公式サイト 真風涼帆 公式プロフィール
主な作品
宝塚歌劇
WEST SIDE STORY
オーシャンズ11
テンプレートを表示

真風 涼帆(まかぜ すずほ、7月18日[1][2] - )は、宝塚歌劇団宙組に所属する男役。宙組トップスター[3][4]

熊本県菊池郡[2][1]県立大津高等学校出身[2]。身長175cm[2][1]。血液型B型[5]。愛称は「ゆりか」、「すずほ」[1][2]

来歴[編集]

2004年、宝塚音楽学校入学。

2006年、宝塚歌劇団に92期生として入団[1][6]。宙組公演「NEVER SAY GOODBYE」で初舞台[6][1]。その後、星組に配属[1][6][7]

ノーブルな立ち姿で下級生時代から注目を集め[4]、2009年、安蘭けい遠野あすかトップコンビ退団公演となる「My dear New Orleans」で、新人公演初主演[6][8][9]。その後も5度に渡って新人公演主演を務める[10][7][9][4]

2011年、「ランスロット」でバウホール公演初主演[8]

2013年、「日のあたる方へ」(ドラマシティ・日本青年館公演)で、東上公演初主演[8]

2015年5月11日付で宙組へと組替え[8][7][1]。同年、朝夏まなと実咲凜音トップコンビ大劇場お披露目となる「王家に捧ぐ歌」より、新生宙組の2番手となる[8]

2016年、「ヴァンパイア・サクセション」(ドラマシティ・KAAT神奈川芸術劇場公演)で、2度目の東上公演主演[8][3]

2017年11月20日付で宙組8代目トップスターに就任[7][10]。相手役に星風まどかを迎え、翌年の「WEST SIDE STORY」(東京国際フォーラム公演)で、トップコンビお披露目[10]

2019年、「オーシャンズ11」の再演では、自身が星組時代の新人公演で演じた主役のダニー・オーシャンを、本役として再び演じることとなり、本公演への凱旋を果たした[7][4]

2021年、星風まどかの専科異動に伴い、潤花を2人目の相手役に迎え、「シャーロック・ホームズ/Délicieux!」で新トップコンビ大劇場お披露目[4]

人物[編集]

母がダンス教室をやっていたこともあり、小さい頃から踊ることが好きだった[11]。6歳下の弟がおり、よく面倒をみていた[11]

小学校時代はピアノ、習字、そろばんを習っていた[11]

中学では友人の誘いで、卓球部に所属していた[11]

中学3年の時に地元で月組全国ツアー公演「大海賊ジャズマニア」を観劇し、宝塚と出会う[11]。会場に置いてあった音楽学校の願書を目にし、母の勧めもあり中学卒業時に受験するも、何の準備もせずに臨んだため、二次試験で不合格となる[11]。受験後に、花組公演「琥珀色の雨にぬれてCocktail」を観劇し、「やっぱりここに入りたい」と強く思うようになり、高校入学後に声楽やバレエを習い始める[11]

高校2年の時、体育祭の創作ダンス発表にクラスで取り組み、学校の代表に選ばれ、熊本県の発表会に参加して入賞したことがある[5][11]

これが最後の受験と決めた3度目の受験で、音楽学校に無事合格した[5][11]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

星組時代[編集]

宙組時代[編集]

宙組トップスター時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2007年1月、『清く正しく美しく』
  • 2009年11月、第50回記念『宝塚舞踊会』
  • 2009年12月、タカラヅカスペシャル2009『WAY TO GLORY』
  • 2011年4月、『ノバ・ボサ・ノバ』前夜祭
  • 2011年12月、タカラヅカスペシャル2011『明日に架ける夢』
  • 2012年12月、タカラヅカスペシャル2012『ザ・スターズ!〜プレ・プレ・センテニアル〜』
  • 2014年4月、宝塚歌劇100周年 夢の祭典『時を奏でるスミレの花たち』
  • 2014年12月、タカラヅカスペシャル2014『Thank you for 100 years』
  • 2015年3月、柚希礼音ディナーショー『The REON!!』
  • 2015年5月、『王家に捧ぐ歌』前夜祭
  • 2015年12月、タカラヅカスペシャル2015『New Century,Next Dream』
  • 2016年12月、タカラヅカスペシャル2016『Music Succession to Next』
  • 2017年6 - 7月、『宝塚巴里祭2017』 主演
  • 2017年12月、タカラヅカスペシャル2017『ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-』[16]
  • 2018年2月、『宙組誕生20周年記念イベント』
  • 2019年10月、第55回『宝塚舞踊会〜祝舞御代煌(いわいまうみよのきらめき)〜』
  • 2019年12月、タカラヅカスペシャル2019『Beautiful Harmony』

TV出演[編集]

  • 2014年1月、フジテレビSMAP×SMAP』 - スマ進ハイスクール
  • 2014年12月、フジテレビ『2014 FNS歌謡祭
  • 2015年4月、フジテレビ『水曜歌謡祭
  • 2017年12月、フジテレビ『2017 FNS歌謡祭 第1夜』
  • 2019年1月、NHK『トップスターが語るタカラヅカ』

CM出演[編集]

受賞歴[編集]

  • 2011年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 2010年度新人賞
  • 2011年、『阪急すみれ会パンジー賞』 - 新人賞
  • 2014年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 2013年度努力賞
  • 2016年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 2015年度努力賞
  • 2019年、『阪急すみれ会パンジー賞』 - 男役賞

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 真風涼帆が“GoTo宝塚”の先導へ意気込む! スポーツ報知。
  2. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2021年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2021年、137頁。ISBN 978-4-86649-158-5。
  3. ^ a b c d e f g 宝塚歌劇団宙組トップスター「真風涼帆」さんを新たなイメージキャラクターとして起用 岩谷産業株式会社。
  4. ^ a b c d e f 真風涼帆 退団する大先輩・轟悠にみた“男役の美学” 原点を胸にまた1歩 日刊スポーツ。
  5. ^ a b c 『RISING STAR GUIDE 2012』 阪急コミュニケーションズ、2012年、106-107頁。ISBN 978-4-484-12512-1。
  6. ^ a b c d e f フェアリーインタビュー 星組 真風涼帆”. ウィズたからづか. 2013年7月22日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j 「体が覚えていた」宝塚版ダニー男の色気/真風涼帆 日刊スポーツ。
  8. ^ a b c d e f g h i j k 気負わずコミカルにヴァンパイア/真風涼帆”. 日刊スポーツ. 2016年5月5日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g 『歌劇 2019年8月号/短波長波』 宝塚クリエイティブアーツ、2019年、58頁。
  10. ^ a b c d e f g h i j トップ就任1年左利きダ・ヴィンチ役挑戦/真風涼帆”. 日刊スポーツ. 2018年10月25日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g h i 『波瀾爆笑!?我が人生 真風涼帆/宝塚GRAPH 2011年12月号』 阪急コミュニケーションズ、2011年、82-84頁。
  12. ^ 宙組「FLYING SAPA」大阪で開幕!宝塚歌劇5か月ぶりの外部劇場公演”. スポーツ報知. 2020年8月2日閲覧。
  13. ^ 宝塚歌劇宙組の新トップ娘役に潤花、新トップコンビ大劇場お披露目公演も決定 ステージナタリー。
  14. ^ 真風涼帆&潤花率いる宝塚宙組「バロンの末裔」&「アクアヴィーテ!!」全国ツアー ステージナタリー。
  15. ^ ワイルドホーン×小池修一郎の宝塚宙組「NEVER SAY GOODBYE」16年ぶりに上演 ステージナタリー。
  16. ^ タカラヅカSP開幕!真風涼帆、轟悠ら豪華58人”. 日刊スポーツ. 2017年12月21日閲覧。
  17. ^ タカラジェンヌ7名がCMに一挙出演! 美しい“歩き”を颯爽と披露 ORICON STYLE。

参考文献[編集]

  • 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』 阪急コミュニケーションズ、2014年。ISBN 978-4-484-14600-3。