眠りによせて

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
眠りによせて
L'Arc〜en〜Cielシングル
初出アルバム『Tierra
リリース
規格 ビデオ・シングル
ジャンル ポップス
ロック
時間
レーベル Ki/oon Sony Records
作詞・作曲 hyde (作詞)
ken (作曲)
プロデュース L'Arc〜en〜Ciel
チャート最高順位
  • 週間3位(VHS版・オリコン
  • 週間30位(DVD版・オリコン)
L'Arc〜en〜Ciel シングル 年表
Floods of tears/夜想花
1992年
眠りによせて
1994年
Blurry Eyes
(1994年)
L'Arc〜en〜Ciel 映像作品 年表
TOUCH OF DUNE
1993年
眠りによせて
(1994年)
Siesta 〜Film of Dreams〜
(1994年)
Tierra 収録曲
Inner Core
(6)
眠りによせて
(7)
風の行方
(8)
ミュージックビデオ
眠りによせて - YouTube
(※) YouTube Music Premium限定
テンプレートを表示

眠りによせて」(ねむりによせて)は、日本のロックバンドL'Arc〜en〜Cielの1作目のビデオシングル。VHS版は1994年7月1日発売、DVD版は2003年12月17日発売。発売元はKi/oon Sony Records

解説[編集]

L'Arc〜en〜Cielにとってのデビュー作品であり、初のメジャーレーベルでのシングル。

ビデオシングルでのメジャーデビューは極めて珍しい例ではあるが、このような特異的なリリース方法についてメンバーは良しとしていなかった[1]。このリリース形態に関し、ベースtetsuyaは「『ビデオチャートで上位を狙えるだろう』というレコード会社[2]の狙い[1]」と雑誌のインタビューで語っている。チャート結果として、オリコンビデオチャートにおいて初登場3位を記録している[3]。また、hydeも「前作のビデオ(『TOUCH OF DUNE』)もそうだったけど、なんでこう上手くいかないのかな[4]」「現実的にはこれぐらいしかできないのに、理想はもっと大きかった[4]」と述べている。

2003年12月17日DVD版が未発売だった本作品、『Siesta 〜Film of Dreams〜』、『and She Said』、『heavenly 〜films〜』と、『A PIECE OF REINCARNATION』、『ハートに火をつけろ!』のDVD再発版が同時発売された。

収録曲[編集]

  1. 眠りによせて
    • 作詞:hyde / 作曲:ken / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel
    L'Arc〜en〜Cielとしては珍しいボサノヴァ調の楽曲となっており、本作発売直後に発売された2ndアルバム『Tierra』に収録された。
    デモ音源を制作した際に、作曲者のken曰く「ボサノヴァ風にするか、普通っぽくするか、2通りの考えがあった[5]」という。メンバーにデモ音源を聴かせた上でどちらのアレンジにするかを聞いたところ、全員がボサノヴァアレンジを選んだことから現在の形となった[5]。仮タイトルは「Kenの曲」であり、インディーズ時代には一時期この仮タイトルでライブを行っていた。
    本作以前のL'Arc〜en〜Cielの楽曲にはなかった曲調であったが、hydeは当時のインタビューで「よくそう言われるんですけど、違和感はなかった[5]」と述べている。また、同じ問いにkenは「最近のロックというフィールドの音楽ばかり聴いている人にはそう思われるかもしれない[5]」と語っている。
    また、ミュージック・ビデオは本作以外にベストアルバムThe Best of L'Arc〜en〜Ciel 1994-1998』の初回特典のDVDと、MV集『CHRONICLE 0 -ZERO-』に収録されている。

収録アルバム[編集]

オリジナルアルバム

脚注[編集]

  1. ^ a b 田中学(インタビュー・文)「tetsu スペシャル・インタビュー」『R&R NEWSMAKER』、ぴあ2006年10月
  2. ^ ソニー・ミュージックエンタテインメント
  3. ^ 『Best of L'Arc〜en〜Ciel -デビューから11年。新しい世代のためのL'Arc〜en〜Ciel白書』J.P.S.(英和MOOK)、2005年、12頁。ISBN 4-89986-521-X。
  4. ^ a b 『is』、シンコー・ミュージック・エンタテイメント、p.66、1996年
  5. ^ a b c d 『FOOL'S MATE』、フールズメイト、p.41、1994年3月