出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
仏教用語
パーリ語 dosa
サンスクリット語 dveṣa, pratigha
日本語 瞋, 瞋恚
英語 anger, ill-will, hatred
テンプレートを表示

(しん、: dveṣa, pratigha: dosa)は、仏教が教える煩悩のひとつ[1]瞋恚(しんに)ともいう。怒り恨みと訳される[1]。憎しみ[2]。嫌うこと、いかること[3]。心にかなわない対象に対する憎悪[2]

仏教においては、

定義[編集]

『大乗阿毘達磨集論』(Abhidarmasamuccaya)では以下のように述べられている。

瞋(pratigha)とは何か? それは苦、衆生、苦を備えた心への怒りを本質とし、安穏ならざる〔状態〕に住し、悪しき行い〔を為すこと〕を依り所とすることを作用とする。
(何等為瞋?謂於有情苦及苦具心恚為体。不安隠住悪行所依為業。)

対治[編集]

瞋恚を断つ方法としては、パーリ仏典大ラーフラ教誡経(Mahārāhulovāda-sutta)に例が示されている。この中で、釈迦は息子の羅睺羅(ラーフラ)に以下のように説いている。

Mettaṃ rāhula bhāvanaṃ bhāvehi. Mettaṃ hi te rāhula bhāvanaṃ bhāvayato yo vyāpādo so pahīyissati.

ラーフラよ、の瞑想を深めなさい。というのも、慈の瞑想を深めれば、どんな瞋恚も消えてしまうからです。

抜粋[編集]

Siñca bhikkhu imaṃ nāvaṃ sittā te lahumessati
Chetvā rāgaṃ dosaṃ ca tato nibbāṇamehisi.

比丘よ、この舟から水を汲み出せ。
汝が水を汲み出せば、軽やかに進むであろう。
貪欲瞋恚とを断ったならば、汝は涅槃に達するだろう。

Natthi rāgasamo aggi
natthi dosasamo kali
Natthi khandhasamā dukkhā
katthi santiparaṃ sukhaṃ.

性欲に等しい火はない。
怒りに等しい損失はない。
五蘊に等しい苦しみはない。
心の平安に勝るはない。

様々な解釈[編集]

仏教学者の中村元は、 (自分)に背くことがあれば必ず怒るような、「自分がないがしろにされた」という思いと解釈している[1]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c d 中村元 『ブッダの言葉』 新潮社、2014年8月29日、Chapt.4。ISBN 978-4103363118。 [要ページ番号]
  2. ^ a b 櫻部・上山 2006, p. 115.
  3. ^ a b 中村 2002, p. 96.
  4. ^ 「根本煩悩」 - ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典、2014年、Britannica Japan。
  5. ^ アルボムッレ・スマナサーラ 『原訳「法句経(ダンマパダ)」一日一話』 佼成出版社、2003年、Kindle版, 3.6。ISBN 978-4333020447。 

参考文献[編集]

関連項目[編集]