矢倉中飛車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
△持ち駒 なし
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲持ち駒 なし
矢倉中飛車の基本形1

矢倉中飛車(やぐらなかびしゃ)は、将棋戦法の一つ。矢倉戦において主に後手番で用いられる急戦矢倉の一種。

概要[編集]

相矢倉において用いられる矢倉囲いは角道を遮断できる囲いであり、引き角との相性も良く使いやすい囲いである。しかし駒組みに時間がかかるため(通常では先手が主導権を握りやすい相矢倉において)、その間に後手が先攻し主導権を握ろうとするのが、(急戦矢倉という作戦の根底を流れる)狙いと趣旨である。

80年代後半には後手急戦の主流戦法であった。『イメージと読みの将棋観2』(2010年、日本将棋連盟)で、藤井猛によると矢倉囲いは振り飛車に対する陣形としては非常にダサくて、対矢倉の作戦としては中飛車も考えられるとしている。

△持ち駒 なし
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲持ち駒 なし
矢倉中飛車の基本形2

主には基本形1から中飛車で△6四歩-6三銀の形を作ってから中飛車にする。▲2五歩なら、△5五歩▲同歩△同飛▲5六歩△5一飛として5筋の歩を交換した後から△5四銀~6一金~7三桂と銀桂を使っていく。あとはもう1手△3一玉と寄ってから、△6五歩と仕掛けていけばよい。

△5一飛と下段に飛車を引き、△5四銀と要所に銀を据える。その後、5・6・7筋へ飛角銀桂を捌き、敵陣の駒組み途中の矢倉囲いを攻めつぶす。そこまで上手くいかなくても、△5四銀の好形と持ち駒の歩を活かして主導権を握っていく。

また△5二金-△6一飛から右四間飛車にシフトするのも狙い筋となり、△5四銀型を活かすことが出来る。

この他△6二玉から△7二玉、△6二金や△7二金とし、玉を右に囲うスタイルのもある(基本形2)。また、島朗は、左銀を3三~4四と繰り出して左銀攻めに参加させる独自の矢倉中飛車を用いている[1]

こうした着想は江戸時代の矢倉対策の中飛車にその原型を遡る。例えば図1の1753年(宝暦三年)の御城将棋、先手贈名人伊藤看寿対後手八代大橋宗桂戦。後手の宗桂が5二飛と回った局面であるが、江戸時代に矢倉将棋が幕末の棋聖と謳われた天野宗歩の出現まで振り飛車に主流を奪われていたのは矢倉に対しては中飛車で立ち向かうのが有力な対抗策となっていたからである。矢倉は左右に銀が分裂してどうしても中央が薄くなるので、その弱点を衝いて中飛車に転じて反撃するという考え方が主流を成していた。図1の局面の後手陣は大内延介の大内流に似通っているが、そのルーツをたどると江戸時代に原型があることがわかる。

その後には、図2は1982年6月の将棋JT日本シリーズ、先手米長邦雄対後手桐山清澄戦であるが、先手の米長のように▲1五歩-2九飛から飛車を5筋に展開するような趣向も試みられてきた。図2から図3を経て、先手が▲5五歩△同歩▲同銀△8六歩▲同歩△9五銀▲5四銀△同金▲同飛と展開した。

また加藤流矢倉3七銀から▲4六銀-5八飛から5五歩とする指し方なども多く試みられてきた。

△宗桂 持ち駒 歩
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲看寿 持ち駒 歩2
図は△5二飛まで
図1 御城将棋の矢倉中飛車
△ 持ち駒 なし
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲ 持ち駒 なし
図は▲5九飛まで
図2 矢倉▲2九飛から5九飛
△ 持ち駒 なし
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲ 持ち駒 なし
図は▲5五歩まで
図3 矢倉▲2九飛から5九飛

先手の有力な対策としては、角を8八で受けに使い、右銀を5七に進めた後、7七に上がった銀を6八に引き直すという指し方がある。田中寅彦が発案したもので、以降プロの実戦ではほとんどがこの形である[2]。それまでは主には4七銀とする形で受けていた。

もともと矢倉の5手日が、▲7七銀から▲6六歩に変わった理由のひとつに、この矢倉中飛車への対策も含まれていた。▲7七銀と上がっていない▲6八銀型であると中央が手厚いため、矢倉中飛車も効果が半減となってしまうからである。

『イメージと読みの将棋観2』では基本図1の戦型は1989年(平成)以降2010年までで12局指され、6勝6敗となっていて、プロの公式棋戦ではあまり指されていない。1999年度に指されたのは1局のみであったという。とくに2010年前後には先手が矢倉中飛車を警戒して▲7七銀を保留して6八銀型のまま待機することも多くなり、後手は矢倉中飛車をますますしにくくなる。後手が矢倉中飛車を断念して、△5二金としたのを見て、先手が▲7七銀とするのが細心の手順とされた。先に▲7七銀型にするには後手も△8五歩を突かなくてはならないのに加え、王と飛車が接近している形で思った以上に気を遣い、特に△4一玉型と中飛車のバランスが良くなく、現実に作戦として勝ちにくいとされ、他の急戦矢倉を指されずに玉を囲って相手に動いてもらう戦型の多かった時期と重なり、さらに矢倉自体も以前に比べ減っており、その結果矢倉中飛車が現れにくくなっていた。プロでは好みの問題もあって好きな人でないとやらない戦型となっていた。

その後、藤井猛が創案した藤井流早囲いが出現。その対策として、注目されていく。そこからさらに矢倉先手番では急戦を避ける手段として、早くに6六の歩を突くと攻めの取っ掛かりを与えるとして、6六の歩を突かずに様子をみる指し方が増えた。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 棋譜。第19回銀河戦本戦Eブロック8回戦阿部健治郎島朗戦を参照。
  2. ^ 『将棋基本戦法 居飛車編』p.43

参考文献[編集]

関連項目[編集]